5223名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

頭皮湿疹ができたときに選びたいシャンプーとは

更新日:2016/12/09

さまざまな原因で引き起こされる頭皮湿疹

突然のかゆみに襲われる頭皮湿疹。かゆみに我慢できず掻きむしってしまうという人も多いのではないでしょうか?悩みの種にもなり得る「頭皮湿疹」はどのようなことが原因で引き起こされるのでしょうか?

頭皮湿疹とは?

頭皮が赤くなったり、かゆみを伴うブツブツができたりしたものを頭皮湿疹と呼びます。頭皮湿疹の種類はさまざまで、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎などがあり、その原因もまたさまざまです。

頭皮湿疹の主な原因とされているのが、カラーリングによる頭皮へのダメージや、汗によるかぶれ、洗いすぎによる頭皮の乾燥、過労やストレスもまた頭皮湿疹を招く要因のひとつとされています。

頭皮湿疹ができてしまった時に選びたいシャンプー

では、頭皮湿疹ができてしまった時にはどんなシャンプーを選んだらよいのでしょうか?

刺激の低いシャンプーを選ぶ

頭皮湿疹ができてしまっているということは、頭皮がトラブルを起こしている状態といえます。つまり、頭皮が弱っている状態にあるということ。そんな時に洗浄力の高いシャンプーを使ってしまっては、刺激が強過ぎて頭皮へ更なるダメージを与えてしまうことになりかねません。頭皮に何らかのトラブルを抱えている際は、洗浄力が高く刺激も強い合成界面活性剤配合のシャンプーは避けた方が無難といえるでしょう。

頭皮湿疹ができている場合は、低刺激シャンプーや無添加の石けんシャンプー、アミノ酸シャンプーなどのやさしい洗浄力のシャンプーがオススメです。あまりにもかゆみが酷い場合は、頭皮のトラブルが起きている可能性がありますので、皮膚科にご相談したほうがいいかもしれません。

また、シャンプー選びも重要ですが、リンスやトリートメントの使用にも注意が必要です。リンスには菌が繁殖しやすい油脂成分を配合しているものが多いので、症状が落ち着くまで使用を控える、または、頭皮湿疹に対応しているものを使用するなど、シャンプーだけでなくリンスやトリートメントもきちんと選び、そして正しく使用することが大切といえます。

シャンプーの仕方にも注意が必要

頭皮湿疹の症状を改善するためには、シャンプー選びだけでなく、シャンプーの仕方も見直す必要があるといえます。

頭皮に刺激を与えない洗い方を心がける

爪を立ててゴシゴシ洗うのは厳禁です。ゴシゴシ洗いは頭皮へのダメージに他なりません。優しく丁寧に、髪だけでなく頭皮まできちんと洗うことが重要です。洗髪以上にすすぎのほうが更に重要とされています。

1日に何度も洗髪しない

頭皮湿疹はかゆみを伴うことが多いので、頭皮を掻きむしってしまうことも多々あります。頭皮を掻きむしってしまうと気になるのはフケではないでしょうか。フケやかゆみを何とかしたいと何度も洗髪してしまう人も多いようですが、過度の洗髪は頭皮湿疹を悪化させてしまうことがあるので、やめた方が無難です。洗髪は1日1回、洗い足りないと感じる場合は2度洗いすることをおすすめします。

熱いシャワーや長時間の入浴は頭皮の乾燥を招く

温度の熱過ぎるシャワーや長時間の入浴は頭皮の乾燥を招き、頭皮湿疹を悪化させてしまう可能性があります。頭皮を洗うのに適した温度は38度前後。適温でしっかりと洗髪することが症状改善の得策です。

病院で相談する

自分なりにヘアケアを見直しても症状が改善されないという時は、皮膚科できちんと診察を受けることを考えてみましょう。自己流のケアが症状を悪化させてしまうことも…。症状が思い場合は、専門家による早めの治療が必要です。

メンズコスメの選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

ピックアップ特集

参画医師5223名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 仮屋暢聡
  • 新垣実
  • 田尻豊和
  • 平部千恵
  • 水谷和則
  • 野中大樹
  • 田原一郎
  • 小川英朗

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.