5223名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

弱酸性のシャンプーは本当に頭皮や髪に優しいのか?

更新日:2016/12/09

弱酸性のシャンプーの特徴

現在、「弱酸性」をウリにしたさまざまなケアアイテムが販売されていますが、洗顔料やボディシャンプーの他に「弱酸性シャンプー」も市販されているのをご存知でしょうか?

弱酸性がウリになる理由は人間の肌や頭皮が弱酸性に保たれているからです。弱酸性の部位を弱酸性のアイテムを使ってケアすることで、刺激が弱まり、肌の健康が保たれると考えられています。弱酸性に保たれている肌や頭皮にアルカリ性や強酸といった酸性度の異なるものを使用すると、肌や頭皮そのものの酸性度が変わってしまうため、それだけで刺激になってしまうのです。

刺激が弱いが洗浄力も弱い

弱酸性のシャンプーは頭皮と同じ弱酸性で作られているので、アルカリ性のシャンプーと比べ刺激が弱く頭皮に優しいシャンプーといえます。しかし、その反面、頭皮と同じ性質を持っているため、毛穴を開かせる力がなく、洗浄力が弱いという点もあります。ただし、汚れがきちんと落ちないというのではなく、あくまで、アルカリ性のシャンプーと比較した場合、性質が頭皮と同じため洗浄力が弱いというだけで、弱酸性シャンプー=汚れが落ちないというわけではありません。

弱酸性シャンプーだから頭皮にいいわけではない

前述したように、人間の頭皮は弱酸性を保っているため、弱酸性のシャンプーは他のシャンプーに比べ、刺激は低いといえます。ただし、刺激が低いからといって、頭皮への負担が軽いわけではなありません。「刺激が低い=頭皮にいい」と思いがちですが、刺激の低さが頭皮にいいとは一概にはいえません。なぜなら、弱酸性と銘打たれたものの中には合成界面活性剤を洗浄成分とした高級アルコール系シャンプーもあるから。いくら刺激の低い弱酸性のシャンプーでも、刺激の強い合成界面活性剤を配合したものであるならあまり意味がありません。

頭皮に必要な常在菌がいなくなる可能性も

酸性の洗浄成分は「逆性セッケン」と呼ばれ、殺菌剤として病院の消毒などに使われるタイプの洗浄成分で、洗浄と名がつくものの、洗浄効果はほとんどなく殺菌効果に特化したもの。弱酸性の洗浄剤はそこまでの強さはないにしても、肌の常在菌に必要以上にダメージを与える可能性は拭いきれません。

このようなことから「弱酸性は肌への負担が大きい」と考える皮膚科医も多く、免疫力の弱まった人が大勢集まる介護センターなどでは、使用されていないといわれています。

本当に見るべきポイントとは

使用する製品が合うのか合わないのかは人によって異なります。刺激が強いといわれている合成界面活性剤が必ずしも頭皮に悪影響を与えるというわけでもなく、肌質によっては、刺激の少ない弱酸性のほうが向いていない場合もあるのです。

現在、合成界面活性剤を洗浄成分とした高級アルコール系のシャンプーを使っていて何のトラブルも起きていない場合は、急に別のものに変えることによってトラブルが発生する場合もありますし、アルカリ性のものを使用したら頭皮に違和感があると思う人は弱酸性のシャンプーが合っているのかもしれません。

弱酸性やアルカリ性、どちらがより頭皮や髪にいいかは製品ではなく、カラダが判断するもの。肌質や頭皮の状態や体調などをチェックし、使い分けることが頭皮や髪を健康に保つためのシャンプー選びには重要なのです。

また、健康な髪と頭皮を維持するためには、どんなシャンプーを使用するかよりも、正しく洗うことが何よりも大切です。どんなによいシャンプーでも間違った洗い方はトラブルの元。頭皮や髪にトラブルが発生した際は、シャンプーを見直すと同時に洗い方も見直すことをおすすめします。

メンズコスメの選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

ピックアップ特集

参画医師5223名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 仮屋暢聡
  • 新垣実
  • 田尻豊和
  • 平部千恵
  • 水谷和則
  • 野中大樹
  • 田原一郎
  • 小川英朗

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.