1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

股間がかゆくなるのは、下着との相性も関係している

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/01

股間がかゆくなる原因には、汗やムレ、皮膚の乾燥などがありますが、着用している下着が原因になる場合もあります。

股間がかゆくなるのは、下着との相性が悪い場合も

赤ちゃんがおむつにかぶれやすいように、皮膚と下着の相性も原因のひとつと考えられます。何らかの外的刺激が皮膚に接触することでかゆみや湿疹などを起こす「接触性皮膚炎」は、下着に使われる素材が皮膚と接触することでも起こるのです。

特に、「新しい下着にしてからかゆくなりだした…」という場合は、その可能性が高いといえます。下着の素材を見直すことも視野に入れましょう。

下着に使われている素材が皮膚を刺激する

かゆみを起こしやすい素材としてよくいわれているのは、毛や化学繊維などです。しかし、何が刺激になるのかは人ぞれぞれ。通気性の良い綿でもかゆくなる人がいますので、相性には個人差があります。

一般的にいわれているのは、素材ならポリエステルやナイロンなどの化学繊維よりも綿やシルク。タイプならば股間を締めつけやすいブリーフやボクサーパンツよりもトランクス。素材、タイプともに通気性が高いものが刺激になりにくい、ということが共通点です。

また、素材そのものは問題なくても、下着のサイズがきつく圧迫されることが刺激となって、かゆみが起きているパターンも。ゴムの部分がきついと肌が赤くなってかゆくなるように、きついものを無理してはくのもNGです。自分のサイズにきちんと合った下着を選んでください。

洗濯時に使用している洗剤や柔軟剤の可能性も

下着だけでなく、使っている洗剤や柔軟剤によってかゆみを招いているケースもあります。特に柔軟剤は仕上がりを優先するため、洗濯機や洗い方によっては十分なすすぎが行われないことがあります。下着が乾いているときは大丈夫なのに、汗で濡れるとかゆくなる場合は、汗にとけた成分が刺激となっていることも考えられます。その場合は、洗剤や洗い方を変えることで解決させていきます。

下着との相性を知るためには、素材や洗い方などをチェックしておくと、今後の下着選びにも役立ちます。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 尾崎 峰
  • 神三矢
  • 市川明子
  • 菅原奈津子
  • 後藤龍学
  • 保志名勝
  • 竹内直生
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.