3468名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

シミの一種「老人性色素斑」とは

更新日:2016/12/09

シミの一種である老人性色素斑とはどのようなものなのでしょうか。

老人性色素斑とは

老人性色素斑とは、中年以降に発生する、薄い褐色から濃い褐色を示すシミを指します。シミにはさまざまな種類がありますが、老人性色素斑はシミの中でも中年以降は頻繁に見受けられます。顔だけでなく、手の甲や背中、腕にも多いことが特徴です。

紫外線との因果関係が大きい

老人性色素斑の原因としては、長期間紫外線を浴びてしまったことで、表皮のケラチノサイトが老化してしまうこととされています。ケラチノサイトの異常により、メラノサイトを活性化させ、メラニンが蓄積している状態です。

そのため、過去に紫外線を多く浴びる状況にあった人や、紫外線対策を行わなかった場合にあらわれやすくなっています。

現在現れているシミは5~20年前に紫外線を浴びた影響が現れているといわれています。

老人性色素斑は長期間紫外線を浴びたことにより、皮膚の表皮細胞が光老化し、メラニンが過剰になることが原因だと考えられています。

老人性色素斑の予防法・治療法

老人性色素斑は、過去にどれだけ紫外線を浴びてしまったかということが発生の指標となるため、将来老人性色素斑にならないためにも予防が大切です。

また、老人性色素斑は適切な治療を行うことで薄くすることが可能です。レーザー治療が主に用いられますが、時間を要することや、一定の確率で増悪してしまうことなどに注意が必要です。

老人性色素斑の予防法

老人性色素斑は紫外線を長期間浴びてしまうことが原因であるため、紫外線対策が極めて重要です。日焼け止めクリームを用いたり、日傘や帽子を使用したりするという選択肢もあります。

詳しくは『やっておきたい男のシミ対策』をご覧ください。

老人性色素斑の治療法

老人性色素斑の治療としては主にレーザー治療が用いられます。レーザーを肌に照射することで、メラニンを含むメラノサイトを破壊し、正常な細胞がその隙間を埋めることでシミを薄くすることが期待できます。

レーザー治療にもさまざまな種類があり、かさぶたを発生させてしまうが、少ない治療回数で済み、治療効果も高いものや、かさぶたを発生させないが、複数回の治療が必要であるものなど、患者さんのライフスタイルや、悩みに応じて治療を選択することができます。

レーザー治療の場合、保険適応外となる場合が多いため、担当の医師としっかりと相談をしてから治療方針を立てることがとても大切です。

ピックアップ特集

参画ドクター3468名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 髙岩真理
  • 星野舞
  • 中﨑恵美
  • 尾山修一
  • 川端久雅
  • 田中宝
  • 友利新
  • 對馬彰利

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.