1429名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

化粧品で注目すべきは「美白成分」

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

医薬品ではない「美白有効成分」について解説します。

美白成分(美白有効成分)とは

美白とは「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」ことを指します。美白有効成分とは厚生労働省により「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」という効能の表示が許可された成分です。厚生労働省から許可を得る必要があるため、研究や臨床試験を経て10年ほどの時間が必要になる表示です。厳格な研究と安全性試験に基づいた成分なので効果と信頼性が非常に高いことが特徴です。現在では、約20種類ほど許可されています。

厚生労働省認可の美白有効成分

厚生労働省認可の美白有効成分は以下のものになります。

・トラネキサム酸

メラニンを作り出す酵素を分解する

・ビタミンC誘導体

メラニンの色素沈着の抑制、コラーゲンの生成促進をする

・リノール酸

メラニンを作り出す酵素を分解する、肌のターンオーバーも促す

・アルブチン

メラニンを作り出す酵素の働きを阻害する

・コウジ酸

メラニンを作り出す酵素の働きを阻害する

・プラセンタエキス

メラニンの生成を抑える。肌のターンオーバーも促す

・エラグ酸

メラニンを作り出す酵素の働きを阻害する

・4-メトキシサリチル酸カリウム塩

メラニン生成を抑制する。メラニンの排出も促す

・ニコチン酸アミド

メラニンの表面化を防ぐ

・ルシノ―ル

メラニンの生成を抑制する

・マグノリグナン

メラニンを作る酵素の成熟を阻害する

・t-シクロアミノ酸誘導体

メラニンの生成を抑制する

・カモミラET

メラニンを生成する細胞であるメラノサイトの働きを阻害する

医薬部外品であってもこれらの成分が含有されていれば「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」やこれに類似した表示をすることが許されます。

男性こそ美白成分配合の化粧品がおすすめの理由

実は女性よりも男性の方がシミに対するリスクは大きくなっています。その理由は大きく2つになります。

(1)ひげ剃りを行う

男性は日常的にひげ剃りを行うため顔の皮膚への刺激が多くなっています。ひげ剃りに限ったことではありませんが、皮膚への刺激はメラニンの生成を促し、シミのリスクを高めてしまいます。

(2)外回りが多い、屋外での活動が多い

女性に比べて、男性の方が外回りや屋外での活動が多いため、紫外線の影響をうけやすくなっています。

これら2点のため、女性より男性の方がシミのリスクが高くなっています。日焼け止めやスキンケア化粧品を使用することでシミを予防することも重要ですが、それでもシミができてしまった場合、美白有効成分が有効です。

参画医師1429名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 上林淑人
  • 矢沢慶史
  • 上浦典子
  • 芳賀菜未香
  • 松村圭子
  • 佐藤やすみ
  • 鈴木寛丈
  • 本間重行

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.