1525名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

美白成分「エラグ酸」とは

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

美白有効成分の一つであるエラグ酸について解説します。

エラグ酸とは

エラグ酸は自然界においてはザクロやベリー類、イチゴなどに多く含まれる成分です。中でももっとも多く含まれるのはブラックベリーです。シミの原因であるメラニンは皮膚に存在するメラノサイトという細胞で、チロシナーゼという酵素がチロシンを代謝して生成されます。

エラグ酸はチロシナーゼの働きを阻害することでメラニンの生成を抑制します。エラグ酸は2003年に厚生労働省によって認可された美白有効成分の一つでもあります。美白効果がとても強くシミやそばかすの改善に期待が寄せられています。

エラグ酸には老化を防ぐ作用も

エラグ酸はシミやそばかすを改善する美白作用のほかに強い抗酸化作用も有しています。抗酸化作用を持つ物質は活性酸素による細胞の酸化を還元し、老化を抑える作用があるといわれています。エラグ酸は特に脂質が酸化した過酸化脂質を還元する作用に優れています。体内に過酸化脂質が多くなると動脈硬化や高血圧といった症状の要因となります。

また、皮膚にシワやたるみを発生させたり、メラニン色素の沈着を促進させたりといった肌トラブルも招きます。美容上の問題はもちろん、加齢とともにリスクを増していく糖尿病や脂質異常症、果ては脳卒中や心筋梗塞といった致命的な病気のリスクを高めてしまうので、エラグ酸をはじめとする抗酸化作用をもつ成分でケアをすることが必要です。エラグ酸は抗酸化作用と美白作用両方を持つため、外見・内面ともに老化ケアをすることができる成分です。

エラグ酸は化粧品のほか食事やサプリメントで摂取する方法も

エラグ酸はザクロやベリー類、イチゴといったフルーツに多く含まれています。これらの食べ物はエラグ酸のほかビタミンCや、ポリフェノールといった成分も豊富に含んでいるため、さまざまな成分による多面的な老化、美白ケアをすることができます。

男性の場合は女性に比べて、フルーツを食べる機会が少ないため、サプリメントで摂取することをおすすめします。エラグ酸は化粧品に使われていることも多い成分です。化粧品でスキンケアを行い、食事やサプリメントとして摂取することで体全体のケアを行い、抗酸化作用や生活習慣病の予防効果を期待することができます。

注目情報

参画医師1525名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 片山聖子
  • 西山 由美
  • 飯田秀之
  • 平野敦之
  • 梅田和徳
  • 金丸博之
  • 西山由美
  • 田村明美

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.