1450名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

包茎にはどのような種類があるか

更新日:2017/06/24 公開日:2016/05/23

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

包茎は大きく仮性包茎、真性包茎の2種類が知られていて、どの種類の包茎なのかによって治療の必要性や対処法が変わってきます。それぞれの包茎の種類と対処法をご存知でしょうか。

真性包茎

真性包茎は亀頭先端の包皮が狭くなってしまい、亀頭が外に露出できない状態です。包皮をむくことができないので、勃起時や勃起時に痛みをともなったり、排尿障害が現れたりすることもあります。亀頭と包皮の間には汚れや細菌が繁殖しやすくなっているので、炎症やにおいの原因にもなり早期の治療が必要です。

さらに、不衛生な状態を放置すると、陰茎癌にかかるリスクが上がるといわれているので注意が必要です。長い間真性包茎を放っておくと包皮と亀頭がくっついてしまうこともあるので、包皮をむくことができず、日常生活にトラブルを抱えている人は病院で相談が必要になります。

仮性包茎

仮性包茎は日本人にもっとも多いタイプの包茎です。勃起するときに包皮がむけて亀頭が露出するか、手で包皮をむくことで亀頭の露出が可能な包茎です。亀頭の部分は思春期以降大きく肥大し、人によっては常に外に飛び出している状態になります。仮性包茎の人はこの状態にするには手で包皮をめくる必要があり、普段は包皮で覆われています。

仮性包茎の人は亀頭周囲に細菌や垢がたまり、においや炎症の原因になることがあります。

また、普段から包皮で覆われているため、刺激に弱く早漏になりやすくなったり、亀頭の粘膜が弱く傷つきやすくなることがあります。

日本人の包茎の人の大半が仮性包茎に該当するといわれています。特に痛みや炎症などの問題がない場合には、入浴の際にきれいに洗うことで日常生活に支障をきたすことはありません。

また、仮性包茎は何かトラブルが起こらない限りは治療を行わないことが一般的ですが、生活に困ることがある場合には医療機関を受診することも選択肢のひとつです。

包皮がしめつけられるカントン包茎とは?

カントン包茎とは、主に真性包茎の人が無理に包皮をむいたとき、包皮の一部が狭くなっているために亀頭部と包皮が締め付けられてしまう状態です。カントン包茎は、亀頭の締め付けによる強い痛みや腫れ、むくみなど、さまざまな弊害が出てきます。包皮をむいたままで長時間放置してしまうと亀頭が締め付けられ、血流が不足してしまい、場合によっては亀頭の細胞が壊死を起こす可能性がありますので、自力で戻せない状態であれば、すぐに医療機関を受診してください。

詳しくは『包茎の種類(1)仮性包茎』『カントン包茎について』『包茎の種類(2)真性包茎』をご覧ください。

注目情報

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.