1429名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

包茎の治療はどのようなものか

更新日:2017/06/24 公開日:2016/05/23

  • この記事の監修ドクター

  • メンズスキンケア大学参画ドクター

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

全ての包茎に治療が必要というわけでありません。包茎の状態と治療の必要性にはどのような関係があるのでしょうか。

包茎の治療は必要なの?

包茎の中でも治療が必要なのは真性包茎です。包皮と亀頭の間に垢がたまりやすく炎症やにおいの原因となるだけでなく、陰茎癌の原因となることもあるので治療することが推奨されます。また、カントン包茎を起こした場合はすぐに包皮を元に戻す(かぶった状態に戻す)ことが必要です。自力で戻せなければ医療機関をすぐに受診してください。戻すことができても、カントン包茎を繰り返すことがあるので、手術などの治療をおすすめします。症状と包茎の状態を確認し、医師と相談のもとで治療を検討します。

仮性包茎は基本的には痛みや炎症などの問題がなければ包茎の治療を行う必要はありません。美容目的に仮性包茎の治療を行う場合には自費診療となるので、費用などは注意が必要です。

病院でできる包茎治療

病院で包茎の治療を行う場合には、包茎の状態にもよりますが、手術以外の方法から行われる場合があります。真性包茎やカントン包茎の場合には、まず包皮が狭くなっている部分にステロイドの軟膏を塗り、皮膚を柔らかくして皮膚が伸びやすくなるようにします。お風呂で柔らかくなった包皮をゆっくりと伸ばし、包皮がむけるようにゆっくりと訓練をしていきます。この治療を6か月ほど行っても包茎が改善しない場合には、手術を行うことが一般的です。

包茎の手術は泌尿器科や美容外科で行います。保険適用になるかどうかは、病院に聞いておきましょう。包茎の手術はさまざまな方法があり、年齢や包茎の程度に応じて治療方針を決定します。手術の術式としては背面切開法、環状切開法という方法が一般的に行われています。それぞれの術式に応じてメリットやデメリットがあり、医師と相談してどの術式にするのかを決定しましょう。

これ以外の方法では、一定程度の仮性包茎の場合は切らずに、接着剤を使う治療法もあります。接着剤を使う方法は陰茎を包む包皮の根元で医療用の接着剤を使った固定を行い、短期間で治療が可能になります。

参画医師1429名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 今泉明子
  • 堀江義明
  • 津田智幸
  • 日比野英子
  • 北山英美子
  • 高川裕也
  • 林博之
  • 菅原祐樹

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.