1526名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

包茎手術とはどのようなものか

更新日:2017/06/24 公開日:2016/05/23

メンズスキンケア大学参画ドクターについて

包茎の手術にはクリニックによってさまざまな種類があり、そのメリットやデメリットを把握することは手術の選択をする上でとても役立つ知識です。手術法にはどのようなものがあるのでしょうか。

気になる包茎の手術

包茎手術を考えるときに大切なことはその手術のやり方やメリット、デメリットを把握することです。特に副作用の出やすさはかなり重要です。その点については担当医師と納得の行くまで話し合うことをおすすめします。

また、包茎手術はクリニックによってさまざまな種類があります。手術跡が目立ちにくいものや、今後の性生活への影響などさまざまですので、直接クリニックにて確認してください。

ここでは、代表的な2種類の手術法をご紹介します。

環状切開術

環状切開法は比較的単純な術式で、泌尿器科でもっとも頻繁に行われている手術です。包皮を輪っか状に切除します。裏筋の部分は残すので、性的な感度の低下は少ないです。しかし、色調が合わず、陰茎の途中から先端にかけて急に色が変化してしまう可能性があるので注意が必要です。

背面切開術

手術自体は非常に簡単で、包皮を環状に取るのではなく、包皮の狭いところに縦に少し切開を加えて亀頭を露出しやすくしたものです。簡単な手術で済むので、子供の手術でも行われることがあります。大きなメリットとしては、後遺症の可能性も低く短時間で済むのですが、傷跡が目立ったり美容上の問題が起こることがあるので注意しましょう。

包茎手術の費用

カントン包茎や真性包茎は、保険で費用をまかないながら治療ができる場合があります。このため、費用を抑えながら病院で治療を行うことができます。しかし、仮性包茎の場合では例外を除いて保険で治療を行うことができません。仮性包茎の場合は自費診療で治療を行う必要が出てくるので費用が高額になってきます。このことから、事前にクリニックで行われている治療に対していくらの費用がかかるのか病院に確認することが大切です。

注目情報

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.