3468名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

早漏対策にはどのような方法がある?

更新日:2017/03/22

性交時(セックス)に、すぐに射精してしまう早漏(そうろう)。多くの男性が頭を悩ませる症状ですが、ここでは早漏を予防する方法についてみていきます。

早漏の予防と対策

早漏は性的な刺激に不慣れな若者にはある程度、起こることがあります。性的な刺激に慣れることで自然と治まっていきますが、一度早漏になってしまったという事実が不安とプレッシャーを呼び、早漏を悪化させる可能性が高いです。早漏の予防や対策、悪化の防止方法を把握することは重要です。

早漏の原因

早漏の原因は身体的なものと精神的なものがあります。特に精神的な原因による早漏が多い傾向にあります。

身体的な原因による早漏

身体的な原因の早漏には、主に以下のようなものがあります。

・包茎性早漏

仮性包茎や真性包茎など包茎の人は日常的に亀頭が包皮に包まれています。そのため亀頭が刺激に対して弱く、性交為を行った際の性的な刺激により、すぐに射精をしてしまうことで発生する早漏です。

・衰弱性早漏

加齢による早漏です。射精をコントロールするための筋肉である射精管閉鎖筋が衰えることで発生します。突然にじみ出るように射精してしまうことが特徴です。

精神的な原因による早漏

精神的な要因の早漏には主に以下のようなものがあります。

・過敏性早漏

性的刺激に不慣れで敏感であるために発生する早漏です。性的刺激に対して慣れることで自然と解消する早漏のため、気にする必要はあまりありません。しかし、早漏であることを深刻にとらえすぎてしまい、より悪化することはあり得ます。また自慰行為の際、すぐに射精するような習慣をつけていることでも発生します。

・ストレス性早漏

仕事や人間関係のストレスや性交為そのものに対するストレスにより発生する早漏です。ストレスの原因を除去することで改善しますが、現代社会でストレスを取り除くことは困難なため、治療がしづらい早漏でもあります。また、早漏ではないかと心配になることもストレスとなり、早漏を悪化させてしまうことがあります。

詳しくは、『早漏(そうろう)の定義や原因、治療法』の記事も参考してください。

早漏を予防する方法について

早漏の予防効果が期待できる方法には以下のようなものがあります。

マスターベーションのやり方

マスターベーション(自慰)を行う際に強い刺激で短時間に射精をしてしまうと、クセになってしまい射精が早くなってしまいがちです。マスターベーションを行う際は、普段から時間をかけて行うことで射精のコントロールができるようになり、早漏を予防することができます。また、マスターベーションの頻度を多くすると、徐々にペニスへの刺激に強くなり、射精までの時間を伸ばしていくことが可能になります。

性的刺激に対する慣れ

性行為を行い、刺激に対する慣れが生じると早漏は改善する傾向にあります。早漏であることを不安に思わず、性行為を行うこともポイントのひとつです。

厚いコンドームの使用

コンドームには製品によって厚さに違いがあります。厚いコンドームを使用することで性的刺激が弱まり、射精への時間を長くすることが可能です。また、コンドームを複数個重ねて使用する方がいますが、正しくない使用方法は避妊具としての役割を果たすことができないのでやめましょう。

包茎の解消

包茎の人は、日ごろから亀頭が包皮に包まれているため、刺激に対して弱くなっています。包茎を解消することで刺激に対して強くなり、射精までの時間を長くすることができます。

性行為の前の射精

性行為の前に一度射精をしておくことも有効です。射精を事前に行っていることで興奮が収まり、射精までの時間が長くなります。

早漏を悪化させないための薬もある

早漏は精神的な不安により悪化する傾向にあります。また、ED患者の場合は勃起の持続時間が短いため、すぐに射精をしようして、早漏の発生や悪化につながる傾向にあります。不安に感じすぎない、ED治療薬を使用するなどの対策で早漏の悪化を抑えることができます。

不安な人は早めに医師に相談を

早漏には身体的な原因と精神的な原因が存在します。それぞれで治療する方法が異なり、原因がわからないと適切な治療を行うことができません。原因を独力で判断することは難しいので専門の医師に相談することが有効です。医師に相談することで治療の方法も薬や手術といった方法もとれるようになるので、恥ずかしがらずに病院へ行くようにしましょう。

詳しくは、『早漏を改善する方法とは』やの記事も参考にしてください。

ピックアップ特集

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.