3071名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

カミソリ負けしない、正しい髭の剃り方

更新日:2017/02/14

ヒゲを剃るのは男の身だしなみ。しかし、カミソリ負けしてしまってはせっかくの身だしなみも台無しです。カミソリ負けを起こさないようにしっかりとヒゲを剃る方法を紹介して行きます。

カミソリ負けのメカニズム

カミソリ負けはどうして起こるのでしょうか。それは肌の状態に深い関係があります。乾いた肌の状態でのヒゲの硬さはなんと、同じ太さの銅線と同じぐらいで非常にかたいといわれています。その状態でヒゲを剃ろうとすると非常に剃りにくく、強くカミソリを当てているうちに皮膚の表面を傷つけてしまってカミソリ負けができるのです。また、傷ついた皮膚や毛穴から細菌が入りさらなる炎症を起こす事もあります。

カミソリ負けを防ぐシェービング方法

カミソリ負けを防ぐにはシェービング方法を工夫することが必要です。まず肌とヒゲに水分を与えるためよく濡らしてヒゲを柔らかくしましょう。これによって肌の表皮が削り取られるのを防ぐことができます。肌とヒゲに水分を加えたら、シェービング剤をつけましょう。肌に滑りを与えるとスムーズにシェービングを行うことができ、カミソリ負けを起こしにくくなります。

また、水分を与える以外にもシェービングで気をつけるべきことがあります。それは時間帯です。起床時には顔がむくんでいるため、。朝起きてすぐのシェービングは、肌を傷つけてしまう可能性があります。15分から20分経ってからシェービングを行うようにしましょう。また、夜のシェービングは皮膚が乾燥しているため、カミソリを当てることで傷つけてしまう場合があります。シェービング前後にローションを使うなどしてケアをするようにしましょう。

シェービングテクニック

シェービングには先ほど述べたこと以外に、正しい手順があります。まずヒゲを剃る前に、自分のヒゲの生えている流れを確認することが大切です。流れに沿って剃ることによって肌のダメージを軽減することができます。確認した後はしっかりと水分を肌に与えます。その後剃りはじめますが、ここでのポイントは剃りやすい場所から剃っていくということです。ヒゲの生えている方向に沿って軽く滑らせるようにして剃るといいでしょう。

順剃りと逆剃りどちらがいいのか

シェービングの方法には大きく分けて順剃りと逆剃りの二種類ありますが、果たしてどちらがいいのでしょうか。ヒゲが濃い方は多くが逆剃りしないと剃りきれないという理由から逆剃りをしているようです。逆剃りはヒゲを刃先に引っ掛けるようにして剃るので肌への負担がかなり大きくあまりおすすめできません。また、肌と同じように刃先にも大きな負担がかかります。逆剃りによって切れ味の悪くなったカミソリを使い、さらに逆剃りをすることでより肌への負担が蓄積していくという悪循環が起こってしまうので要注意です。シェービングの前にしっかりと肌に水分を与えることで、順剃りでも滑らかにシェービングすることができます。

カミソリと電気シェーバーの比較

シェービングのとき使う道具は普通カミソリか電気シェーバーですが、どちらがいいのでしょうか。カミソリは古くから使われているシェービング道具で、古くは紀元前4世紀のエジプトでも使われていたといわれています。今使われているのは正式には「安全カミソリ」という名前で18世紀末にフランス人によって開発されました。T字なんかとも呼ばれます。カミソリは直接肌に当てて使うので根元あたりまでしっかりと剃ることができます。しかしそれだけ肌への負担が大きいので肌が極端に弱い人は使うのを控えた方がよいでしょう。また、そうではない人もシェービングクリームなどカミソリでのシェービング専用のシェービング剤を使うようにしましょう。電気シェーバーは20世紀初めごろにアメリカの軍人が配属先のアラスカで水が凍って使えない状況でヒゲを剃るために発明しました。電気シェーバーは直接肌に刃先が当たらないようになっているので肌が弱い人におすすめです。また、シェービング剤がなくても使うことができるので時間が短縮でき朝の短い時間にもシェービングすることができます。電気シェーバーでも肌が荒れてしまう人は、電気シェーバー用のシェービング剤も発売されていますのでそちらを使うようにしましょう。

シェービングのアフターケア

シェービングが終わってからのアフターケアもしっかりやっているでしょうか。カミソリ負けを防ぐには大事な手順です。シェービングが終わった後は、肌の角質がはがれて新しい皮膚の組織がむき出しになった状態です。新しい肌の組織は刺激に弱く、乾燥などの刺激で肌荒れを起こしてしまいます。化粧水やローションなどをぬって肌の水分を保つようにしましょう。ローションなどがしみるようであれば、アルコール成分の入っていない化粧水や油分の多いクリームがおすすめです。

無意識でシェービングを行なっているとわからなかったことがあったのではないでしょうか。シェービングはとてもナイーブなお手入れです。しっかりと自分の肌をいたわってカミソリ負けを起こさないように気をつけましょう。

注目情報

ピックアップ特集

参画ドクター3071名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 松村幸利
  • 秦俊昭
  • 鈴木悠花
  • 杉崎裕斗
  • 山田雅明
  • 田中真輔
  • 神林由香
  • 小野寺進二

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.