1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

ダイエットによいとされる食事制限方法

更新日:2017/10/27 公開日:2017/10/27

ダイエットをするために食事制限をしたいと考えている人は、その方法に注意しましょう。極端な食事制限は栄養バランスの乱れにつながるかもしれないので、正しい食事制限の方法を知ることが大切でしょう。健康的にダイエットを行うための食事制限のポイントや種類を紹介します。

3食きちんと食べる

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っていると、体脂肪として身体に蓄積されてしまいます。ダイエットをして体脂肪を落としたいのであれば、摂取エネルギーを消費エネルギーよりも少なくすることが重要と考えられています。摂取エネルギーの目安は、体重1kgあたり、身体活動量の応じて25~35kcalといわれていますので、目標とする体重や標準や体重に25~35kcalを掛けた数字が必要な量となります。毎食、必要な摂取エネルギーの量を守りつつ、栄養バランスのとれた食事をしながらダイエットを行いましょう。ただし、これは肥満で病院にかかっていない人の例です。通院している場合は、医師が指定した摂取エネルギーの量を守りましょう。

食事をするときは、よく噛んで食べるようにしましょう。食事をしてすぐに満腹感は得られないといわれています。早々に食事をしてしまうと、満腹感のないまま食べ終わってしまうので、足りなかったように感じて食べすぎにつながると考えられるので、ゆっくり噛んで食べるように心がけましょう。

暴飲暴食に注意

何かをしながら食べ物を食べたり飲んだりしていると、ついつい食べすぎ、飲み過ぎてしまうことがあります。無意識のうちに暴飲暴食になってしまっては、ダイエットの意味がなくなってしまうので、食事のときは食事に集中して食べるようにしましょう。また、糖分の多いジュースや炭酸飲料、間食も太る原因と考えられるので、控えるように心がけてみましょう。目につくところに食べ物を置いておくと、空腹時に耐え切れず食べてしまうことも考えられます。結果的に暴飲暴食につながりかねないので、買いだめや空腹時の買い物を避けるなど、家に食べ物をため込まない工夫をするのをおすすめします。

摂取エネルギー<消費エネルギーにする

摂取エネルギーの目安がわかっても、消費エネルギーが極端に低い場合は体脂肪が減らないことも考えられます。暴飲暴食を避け、3食きちんと食べながら運動を行うことでダイエットの効果を上げることができると考えられています。ただし、肥満で病院に通院している人は、医師に確認のうえ、運動を行うようにしてください。

場合によっては糖質制限も効果的

さまざまなダイエット方法を試したけれども、上手くいかないと感じたという人や運動が長続きしない人は糖質制限を行うのも効果的といわれています。できれば病院へ行き、無理のないダイエットができるようにサポートしてもらうのがおすすめです。ただし、BMIが35以上の高度肥満でなければ保険適用とならないので、保険適用外の自由治療となります。

糖質制限の方法とは

ごはんやパンなどの糖質を多く含む食材を制限して、食べないように心がけるのみでダイエットが行えます。また、糖質を制限した状態であれば、満腹になるまで食事ができるのもポイントです。医師のもとで糖質制限を行う場合は、2週間程度でも効果を感じられるといわれています。

医師や栄養士による糖質制限のセミナーが開催されていることもありますので、一人で糖質制限を行うのに不安がある人は、積極的に参加して相談するとよいでしょう。

ストレスを溜めないようにたまには甘いものも

摂取エネルギーを減らすために極端な食事制限を行うこと、消費エネルギーを増やすために極端に運動量を増やすことはおすすめできません。それは、ストレスをため込む要因になってしまうからです。ストレスをため込み過ぎないように、ダイエットで運動を始める場合や食事制限を行う場合はゆるく始めるのがポイントといわれています。また、極端な糖質制限は筋肉の量を減らしてしまう危険性がありますし、ダイエットだけでなくリバウンドをしてしまうこともあるので注意が必要です。糖質制限をしているから、おやつは一切食べないと強く決心するよりも、ゆるく制限し、たまには甘い物を食べてストレスを解消するのもひとつの方法です。ただし、ストレス解消方法を甘い物を食べることだけに限定してしまうのはよくないと考えられています。自分なりにストレスを解消できる方法を探しましょう。

ポイントを抑えて食事制限しよう

ダイエットをするために食事制限を行うのなら、暴飲暴食してしまわない環境を作り、3食きっちり食べるといったポイントを抑えておくことが大切といわれています。厳しすぎる制限は、ストレスをため込む原因になりますので、ときには甘い物を食べるなどして無理のない範囲でやってみましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 藤巻理也
  • 百枝加奈子
  • 小川元
  • 池上彩子
  • 永山幸
  • 稲葉岳也
  • 石井秀典
  • 沖津茉莉子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.