1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

ED治療を考えている場合に受診すべき科と治療の内容

更新日:2017/09/04 公開日:2017/09/04

EDと疑われるような症状があった場合にも、恥ずかしいという理由で病院を受診しないままだと、適切な治療が受けられずに、ひとりで悩むことになってしまいます。それを防ぐためにも、どのような検査や治療が行われるのか詳しくご紹介します。

EDは何科を受診すべきか

EDは早期の治療が大切です。ただ、病院に行こうと思っても、何科を受診したらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。EDについては専門の病院もありますので、探して受診してみるのもひとつの方法です。もし、ED専門の病院やクリニックに行くのが恥ずかしいときや、抵抗がある場合は、いつも受診している病院の泌尿器科や内科でも相談することができます。特に男性は、歳を重ねると泌尿器の病気にかかることもありますので、EDの相談に行くのをきっかけに、かかりつけの病院を作っておくとよいかもしれません。

また、男性更年期外来という科がある病院では、そこで相談することもできます。ちなみにEDの治療薬については受診する科を問わずに処方してもらえるそうですので、あまり細かいことを気にせず、一度気軽に相談してみるといいでしょう。まずは、治療の第一歩を踏み出すことが大切です。ただし、受診するときには、先にご紹介した科やED治療を扱っている病院に行くようにします。ED治療を全くしていない病院は避けることをおすすめします。

EDの代表的な検査方法

EDの検査と言うと、陰部をじっくり観察されたりするのではないかと不安に思う方も多いかもしれません。ですが、実際には、問診からはじまり、必要があれば精密検査を受けるという場合がほとんどです。検査が不安でこれまで病院を受診していなかったという方は、心配せずに、ぜひ一度病院で自身の症状を相談してみましょう。

EDの代表的な治療方法

EDの治療法にはさまざまなものがあります。自分の症状に合う方法で治療を行っていくことが大切です。

薬によるED治療

EDの治療法には実にさまざまな方法があります。手術を行ったり、心理療法やホルモン療法などを行ったりもします。その中でも特に多いのが、薬を用いたED治療です。EDの治療に使われる薬には、「バイアグラ(薬剤名)」や「シアリス(薬剤名)」、「レビトラ(薬剤名)」などがあります。

特に、バイアグラは、EDの治療薬として広く知られている薬です。それ以外にED治療に使われるシアリスは、長時間にわたる薬の服用効果が期待できるものです。また、レビトラは即効性があるといわれています。

血管作動薬の海綿体注射

この治療法は、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)という部分に血管作動薬を注射で入れることにより勃起を起こさせるというものです。ED治療法の中でも、効果が期待できる方法と考えられています。初めて注射をした場合には、結果が出ないこともありますが、継続的にこの治療をとり入れることで徐々に効果が期待できます。

陰圧式勃起補助具を使う方法

ED治療用の器具を使って勃起を擬似的に引き起こすというものです。器具に陰茎を挿入した後、陰圧状態にすることにより血液を集中的に集めて自然に勃起したときと同じような状態を作り上げます。方法としては手軽で誰にでもできますが、陰茎に負担がかかる場合があります。ただ、実際にこの方法を用いた場合、高い割合で性交できる状態にすることができるといわれています。

治療の前に知っておきたいこと

どの治療を選べばいいのかということについては、主治医とよく話し合ったうえで決めることが大切です。医師が治療法を決めるうえでは、患者から行った問診の内容を重視して、患者のライフスタイルに合った方法が選ばれることが多くあります。

ただ、全ての治療がどこの病院でも受けられるというわけではありませんので、病院を決める前にはその点についてよく調べておくことも重要です。薬による治療は泌尿器科だけではなく多くの病院で可能なことが多いですが、海綿体への注射や陰圧式補助具を用いた治療は泌尿器科でも行っていないことがあります。陰圧式補助具を用いた治療を希望する場合はEDを専門にしている病院を選びましょう。もう1点、EDの治療を受けるうえで把握しておきたいことは、ED治療は自由診療になるということです。そのため、患者が負担する治療費は選ぶ病院ごとに異なってきます。事前にこれらのことについてはよく調べておくことが大切です。

EDを改善するためのポイント

EDを改善するために日常生活の中で注意していくべきことについて、具体的にご紹介します。

食生活の改善

EDは生活習慣病とも関係があると考えられています。ですから、肥満や病気を引き起こしかねない食生活を改善することが重要なポイントです。普段の食生活においては、カロリーの高い食べ物や脂肪分の多い食べ物には注意をするとともに、塩分を摂りすぎないように心がけましょう。また、テストステロンという男性ホルモンの分泌を促すためには、亜鉛を多く含む食品を積極的に摂るとよいといわれています。

飲酒や喫煙は避け、適度な運動を

身体によくない影響を及ぼすといわれている飲酒や喫煙は、EDを改善するという面からもおすすめできません。過度の飲酒は脳の機能に悪影響を及ぼし、EDにつながる可能性があります。また、喫煙は陰茎部分の動脈硬化が引き起こされる危険があるほか、血流を滞らせてしまう可能性もあります。血行促進の面から考えると、適度な運動は積極的に行いたいものです。

恥ずかしいと思わないで早期治療を

EDは早期の治療が大切です。恥ずかしいことだと思わないで、まずはかかりつけの泌尿器科や内科を受診してみることをおすすめします。治療法については医師とよく相談して決めるようにしましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 徳永真理
  • 田崎公
  • 杉野宏子
  • 西岡弘記
  • 梶山典彦
  • 末武信宏
  • 大津千知
  • 南條昭雄

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.