1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

深くなる前に。シワ対策とシワ取り方法とは

更新日:2017/10/17 公開日:2017/10/17

誰でも歳を取るとシワができるものです。だからといって、なんの予防策もとらないでいると、年齢よりもずっと老け顔に見られてしまいます。シワをできるだけ作らない防止策と、それでもシワが気になるときの治療方法をご紹介します。

シワ対策

肌の同じ部分に何度も圧力がかかると、筋状に折り目がつきます。この折り目が恒常的に顔に現れる状態がシワです。若いときには、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンといった成分がたくさんあるので、すぐの元の状態に戻ります。しかし、年齢を重ねるとこうした成分が少なくなってしまうため、元に戻らずそのまま折り目として残り、それが徐々に深くなっていきます。しかし、同じ年齢の人でもシワの多い人と少ない人がいるのには、生活習慣が関係しています。長い間の生活習慣によってシワの多い、少ないがはっきりしてくるのです。

紫外線対策をする

肌が紫外線にさらされると、肌の弾力を保つコラーゲンが分断されます。さらに弾力線維であるエラスチンが変質して弾力を失います。このように、紫外線によって肌は「光老化」していくのです。この光老化を防ぐためには、徹底的に紫外線対策をしなくてはなりません。日差しが強い夏以外にも、UV対策はしっかりと行いましょう。

乾燥を防ぐ

肌は角質という「よろい」で守られています。ところが、このよろいは、乾燥に非常に弱いのです。乾燥することで角質の並びがバラバラになって、スキマができてしまいます。するとそこから、外部の刺激が入り込んできたり、逆に内部の水分を蒸発させたりしてしまいます。乾燥により、皮膚は薄く硬くなるので、小ジワができやすくなり、元に戻らなくなります。

マッサージ・エクササイズをする

顔のシワは、表情筋が衰えることで深くなります。とくに、頬のゆるみによって、ほうれい線が深くなったり、口角が下がることで、マリオネット線が深くなったりします。意識して、一日に何度か口角を上げるエクササイズをするようにしましょう。また、夜寝る前に、シワを伸ばすようにマッサージしてあげるのも効果的です。

シワ取り方法の種類

シワの種類には
・表情ジワ
・ちりめんジワ
・老化ジワ
があります。シワは、無意識なクセによって年々深くなっていきます。気がついたときには、すでにセルフケアではどうにもならなくなっていることもあります。そのようなときには、思い切って皮膚科や美容整形外科でシワ取りの治療をしてもいいかもしれません。最近のシワ取り治療は、メスなどを使わずに、30分程度の施術で簡単に終わってしまいます。

シワ取りにはいろいろなものがありますが、メインになるのが「ボトックス」と「ヒアルロン酸」注射です。注射というと、抵抗を感じる人もいますが、施術のときには皮膚の表面をクリーム状やシール状の麻酔薬で麻酔するので、痛みはかなり軽減されます。さらに、注射針は極細のものを使うため、ほとんど痛みを感じることはありません。

ボトックス注射

ボトックス注射は、ボツリヌス菌から精製された成分が筋肉の動きを抑制して、過剰な動きを止める作用を利用したものです。眉間や額、目尻などの表情筋に注射することで、動きを止めてシワを作らせないように改善します。治療時間は15分ほどで、気になるシワの表情筋に注射をするだけです。注射をした後、数日で効果が現れます。効果が持続する期間は4~6か月です。シワが深くなってしまう前に、予防的に受けるのが効果的です。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分で、保水力に非常に優れています。動物から抽出したコラーゲン注射のような副作用が起こりにくく、アレルギーテストは不要です。気になるシワの部分に注射して、シワなったヘコミを埋めるようにしていきます。その場ですぐに効果が実感できます。平均1~2年効果は持続しますが、徐々に体内に吸収されていきます。

シワ取りの時に注意点

美容外科には「ダウンタイム」と呼ばれる日常生活が送れるようになるまでの時間が必要なことがあります。ボトックス注射やヒアルロン酸注射の場合は、ほとんどダウンタイムは気にしなくてもいいのですが、体質によって、腫れたりすることがあります。医師から事前に伝えられているダウンタイム期間が過ぎても腫れが引かなかったり、痛みが残ったりした場合は、すぐに相談しましょう。

また、術後は、清潔を心がけましょう。顔には常在菌がいます。いつもよりも気を遣って皮膚を清潔にして、汚い手で触らないようにしましょう。ヒアルロン酸注射をした場合には、その場に定着させることが大切になるので、施術後すぐのフェイシャルマッサージなどは避けるようにしないといけません。

シワは、日常生活の積み重ねで予防することができます。深くなる前にシワ予防のスキンケアを心がけましょう。また、シワ取り治療は自分のシワがどのタイプなのか、担当医とよく相談しながら、もっとも適切な施術を行いましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 藤巻理也
  • 百枝加奈子
  • 小川元
  • 池上彩子
  • 永山幸
  • 稲葉岳也
  • 石井秀典
  • 沖津茉莉子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.