1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

男性が顎の美容整形で小顔になるには?

更新日:2017/10/16 公開日:2017/10/16

顔を小さく見せることができると、身体全体のバランスがよく見えるといわれています。小顔をみせたいときにフェイスラインは重要ですが、あごが気になるとき輪郭形成をするための美容整形は効果が期待できます。

あごの美容整形の種類

フェイスラインは、男性でも女性でも第一印象を左右する重要な部分です。しかし、気になるポイントがあごなどの場合は、骨格なども関係してくるため、メイクなどでは隠すことができません。男性の場合は、特にメイクをすることもなく、輪郭が目立つことにコンプレックスを感じることもあるかもしれません。ここで、あごの美容整形の種類をあげておきましょう。

・エラボトックス注射
咬筋がエラ張りのもとになっている場合には、咬筋の筋繊維にボトックスを注入します。1回の注射による効果の個人差はありますが、4ヵ月くらい持続します。くり返して行うことで、半永久的な効果も期待できるようになります。

・あごの骨削り
あごが突き出しているように見えるときには、口の中から突き出たあごの骨を削ります。小顔にするためのフェイスラインづくりに効果があり、傷跡は気になりません。半永久的な効果の見込める手術のため、広く知られた方法になります。

・あごにヒアルロン酸注射
あごが引っ込んでいるというときに、あごやその周囲にヒアルロン酸注射します。理想のラインが簡単に作りやすいプチ整形のひとつとして知られる方法です。

・頬にヒアルロン酸注射・脂肪注入
実際に長くないあごも、頬がこけて見えるとあごが長い印象になってしまうため、頬にヒアルロン酸注射や脂肪注入で輪郭形成を行います。注射1本で可能な手術で知られており、自然な仕上がりを目指せます。

・シリコンプロテーゼによるあご形成
引っ込んでいるあごを出すことで、自然な輪郭をつくります。理想のフェイスラインに合わせたシリコンプロテーゼを口の中から入れることで、傷などが残らないことを意識した方法で手術します。

・額形成
あごが特徴づけられている輪郭に、額の立体感を加えることで、あごが強調されてしまう印象を和らげます。額に人工骨やヒアルロン酸を注入することでふっくらと見せ、あごに注目がいかないようにする効果が高まります。

・脂肪吸引
顔は痩せにくいところです。そのため、脂肪吸引で皮膚を引き締めながら、頬やあご周辺の脂肪を吸引します。小顔に見せ、シャープな輪郭をつくるのに効果が期待できます。

手術の前に知っておきたいこと

フェイスラインを変えることに、効果が期待できるあごの美容整形はさまざまです。そのため、10分ほどで完了する注射のような手術もあれば、全身麻酔と入院を必要とする骨を削るような手術もあります。あごやエラを削るなどの手術の場合には、手術の後に腫れや痛みをともなうこともあり、知覚麻痺などもみられることが報告されています。ヒアルロン酸の注入やボトックス注射の場合には、手術時間も短く手術後に患部を冷やすだけで帰宅できるものが多くなっています。

シリコンプロテーゼなどを口腔内から埋め込む手術をすると、個人差はあるものの強い腫れは1週間ほど続くことがあります。さらに、脂肪吸引の場合は、手術の日から抜糸まで1週間ほどは身体の負担になるような運動や仕事は避ける必要があります。

手術にかかるおおよその費用

ヒアルロン酸やボトックス注射の場合には、注入量にもよりますが約5万円~15万円が1回分の手術費となっています。また、シリコンプロテーゼなどは、30分ほどの手術で半永久的な効果が望めますが、約35万円の費用が必要になります。あご骨削りの場合は、約100万円~150万円の費用がかかることもあります。美容整形の場合は、手術の効果がどのくらい持続するか、その期間に合わせた費用が必要になることもあると考えておくこともできるでしょう。

手術の効果は持続する?

いずれの手術も仕上がりはふっくらと自然なラインが期待できるものですが、効果の持続期間に差があります。骨を削るような手術やシリコンプロテーゼを使う輪郭形成では、半永久的に効力があるので、1回の手術で完了します。しかし、ヒアルロン酸の注入の場合は、長期型のヒアルロン酸で約3倍といわれますが、一般の場合は1年くらいの効果になります。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 藤巻理也
  • 百枝加奈子
  • 小川元
  • 池上彩子
  • 永山幸
  • 稲葉岳也
  • 石井秀典
  • 沖津茉莉子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.