1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

最新情報

100%果汁を飲むかどうかで年収差!なぜ?

更新日:2017/09/07

100%果汁のジュースは栄養価も高く、健康的なイメージがあるのではないでしょうか。 しかし、100%果汁のジュースを飲む習慣が労働の生産性に影響を与え、ひいては年収まで変わると言われたら信じられるでしょうか?

キリン・トロピカーナが実施した意識調査の結果を見てみましょう。

Q.仕事のスピードが早いタイプですか?

・果汁習慣のある人…65%が肯定的な回答
(非常に当てはまる16%、そこそこ当てはまる49%)

・果汁習慣のない人…41%が肯定的な回答
(非常に当てはまる7%、そこそこ当てはまる34%)

Q.仕事の集中力が高い方ですか?

・果汁習慣のある人…54%が肯定的な回答
(非常に当てはまる17%、そこそこ当てはまる37%)

・果汁習慣のない人…30%が肯定的な回答
(非常に当てはまる5%、そこそこ当てはまる25%)

Q.仕事上のひらめきが高いタイプですか?

・果汁習慣のある人…54%が肯定的な回答
(非常に当てはまる16%、そこそこ当てはまる38%)

・果汁習慣のない人…31%が肯定的な回答
(非常に当てはまる5%、そこそこ当てはまる26%)

Q.年収はいくらですか?

果汁習慣のある人 平均749万円(中央値:650万円、平均年齢45.5歳)
果汁習慣のない人 平均538万円(中央値:450万円、平均年齢44.6歳)

※果汁習慣のある人=週4日以上、何らかの100%果汁を朝飲用していると回答した人(ほぼ毎日65%、週に4~5日35%)
※果汁習慣のない人=朝、100%果汁を飲むことはないと回答した人

意識調査の結果を見る限り、100%果汁のジュースを飲む習慣のある人の方が生産性に関する自己評価が高く、年収差まで生じていることが分かります。

なお、100%果汁が生産性に与える影響については、心理指標と脳血流の観点で水とオレンジジュースを比較し、専門家から次のような回答が示されています。

「(水と比較すると)オレンジジュースの方が気分の改善具合が高いという有意差が認められました。とくに活力や緊張感の少なさに顕著な差が見られます。さらにVASという手段で図解的にその差を検証したところ、オレンジジュースを飲んだときのほうが明らかにリラックス、元気、心地よさなどが勝っていました。このことから、オレンジジュースは緊張感を減らし、積極的で明るい気持ちをもたらすことで生産性の向上につながる可能性があると考えられます。

さらに、この心理面の変化のもととなる脳の血流状態についても光トポグラフィーにより観察しました。するとオレンジジュースを飲んだときのほうがほとんどの部位で水と比較して血流量が明らかに上昇していました。血流を測定した前頭葉は、集中力、記憶力、企画力と関わりがある部位です。その部分の血流量が高まった、つまり活性化したということは、まさに生産性に関わる部分に影響を与えると考えられます」
●実験実施・監修 古賀良彦先生
医学博士・杏林大学名誉教授・NPO法人日本ブレインヘルス協会理事長ほか

参考(参照2017-09-07):
100%果汁の摂取状況によって生産性がどのように変わるのかの意識調査【キリン・トロピカーナ調べ】
調査対象:20~50代の会社員、団体職員 男女200名(朝、果汁を飲む習慣のある人100名/朝、果汁を飲む習慣のない人100名)
調査期間:2017年6月22日~23日
(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000025691.html)

メンズライフカテゴリ一覧

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大原奈津恵
  • 辻直樹
  • 臼井洋
  • 遠藤剛史
  • 境隆博
  • 石井良典
  • 寺井美佐栄
  • 矢沢慶史

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.