2600名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

島田秀平の「開運手相」

【島田秀平オススメ】その順番は間違っている!?「初詣」での正しいお参りの仕方

更新日:2015/01/08

皆さん、元旦といえば何を想像しますか? 初日の出を見に行ったり、おせち料理を食べたり、お年玉をあげたり貰ったり、初詣に行く人もいると思います。近年では、初詣に行く人が減ってきていることから、正しいお参りの仕方を知っている人が少なくなってきたと言われています。

そこで今回は年末の特別編として、新年を迎える前に「初詣での正しいお参りの仕方」についてご紹介します。

鳥居(とりい)の正しいくぐり方

神社に着いたらまず目にするのが、神社の鳥居です。鳥居は神社の入口を示すものであり、神様の通り道ともされています。そのため、ここをくぐらないで中に入ることは、塀をよじ上って家に上がるのと一緒で失礼にあたりますので、注意して下さい。

鳥居をくぐるときの注意点は、鳥居の中央は神様が通る道とされているため、くぐる際には鳥居の中央は避けて、左右いずれかの柱に寄って、一礼してからくぐるようにしましょう。途中の参道も、鳥居をくぐるときと同じく中央は避けて、左右どちらかに寄って歩きましょう。

手水舎(てみずしゃ)での正しい身の清め方

神社には鳥居のすぐそばに「手水舎」と呼ばれる、参拝者の身を清める場があります。ここでは以下の手順で身を清めましょう。

1.右手で柄杓(ひしゃく)を持って水をすくい、左手から洗います。
2.次に柄杓を左手に持ち替えて、右手を洗います。
3.再度、柄杓を右手に持って、左の手の平に柄杓の水を受けて、その水で口をすすぎます。その後すすぎ終わったら使った左手も洗います。
4. 最後に柄杓に水を入れて、縦にしたときに滴ってくる水で柄杓の柄を洗います。

二礼二拍手一礼? 正しい拝礼(はいれい)の仕方

神様にお願い事をする前に、まずはお賽銭を納めます。お賽銭とは、神様に対する感謝の気持ちを表すものであって、願い事をするための対価ではありません。そのため納める金額に決まりなく、1円でも、1万円でもいいのです。

次にお賽銭箱と一緒に置いてある鈴の鳴らし方です。控えめに鳴らす方が多いですが、鈴には邪気を払って、神様を呼び出す役目があるため、ここでは気持ちよく音を出すようにして鳴らしましょう。

続いて拝礼の仕方です。拝礼にはいくつかの方法がありますが、ここでは一般的な方法をご紹介します。

1.まず姿勢を正して、拝(頭をさげること)をします。
2.もう一度、拝をします。
3.胸ぐらいの高さで両手を合わせます。このとき右手を少し下にずらします。
4.肩幅ぐらいまで手を広げ、2回打ちます。
5.手を合わせたまま、願をかけます。このとき下げた右手は戻します。
6.最後にもう一度、拝をします

願をかける際には、はじめに必ず自分の住所と名前を言ってから行うのが礼儀です。そして参拝できることに感謝しつつ、願い事を伝えましょう。

【島田流の参拝方法】「お守り」や「おみくじ」は拝礼の前? それとも後?

普段、私たちが何気なく買っているお守りやおみくじですが、実はそれらにも購入する際に正しい順番があります。まずお守りですが、これは拝礼で願をかける際に、願いを込めるための器として必要です。そのため、拝礼の前に買うのがいいでしょう。逆に、おみくじとはお参りに対する「神様からのお返事」のようなものですから、拝礼後に引くのがいいと言われています。

最後に

神社を後にする際にも、鳥居の前で一度振り返って、礼をしてから出るようにしましょう。神社は「願い事をするための場所」ではなく「日頃の感謝を伝える場所」です。私利私欲に溺れず、日頃の感謝を忘れない人には、きっと良い事があると思います。

参画ドクター2600名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 喜多孝志
  • 武田りわ
  • 川上勉
  • 稲葉岳也
  • 新垣実
  • 内田佳孝
  • 先山史
  • 堀江義明

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.