3070名のドクターが参画する男性向けスキンケア情報サイト

島田秀平の「開運手相」

【島田秀平が占う】6月は心が乱れがち?感情線を見れば分かる、心のスランプ3線

更新日:2015/06/05

日本の6月といえば、最初に思い浮かべるのは梅雨ではないでしょうか? 1年で最も曇りが多い6月は、それだけで気分が上がらないものですよね。最近では、ゴールデンウィーク明けのショックや、4月からの新しい仕事の疲れなどから出てくる5月病とは違い、季節の影響を受ける6月病にかかる人が多くなっているようです。そこで、今回は「6月に心のスランプに陥りやすい線、3つ」をご紹介します!

頑張り過ぎると折れちゃう?【ガラスのハート線】

やはり、心の状態を見るためには、心を表す感情線を見ていきます。最初にご紹介するのは「(1)ガラスのハート線」です。これは感情線が乱れている線を指します。本来ならは、感情線は1本の太い線ですが、「ガラスのハート線」を持っている人は、この感情線が小さな線が細かく集まったようにゴチャゴチャとしているのが特徴です。

この線が出ている人は、まるでガラスのような心の持ち主で、張り切って頑張り過ぎると、ある日「ポキッ」と心が折れてしまうかもしれません。特に、4月から新しい仕事や生活が始まった人は、この時期になると段々と慣れてきて無理をしがちです。自分の心身には常に気を遣って生活をしましょう。

過去が忘れられない?【未練タラタラ線】

次にご紹介するのは「(2)未練タラタラ線」です。感情線の端が下向きに伸びている線のことを指します。この線が出ている人は、過去に失敗した出来事や、人物に対して「ああしておけば良かった」と後悔しがちです。より線が下向きに伸びている方が、その傾向が強いと言われています。

過去ばかり見ている人は、その人の目の前にある大切なものや、人に目がいかなくなりがちです。それではこれから来る未来まで暗いものになってしまいます。過去の失敗を悔やむのも、過去の栄光に浸るのも一旦おいて、今の自分を見つめ直す時間を取るのが良いでしょう。

キケンな予感…!?【ストーカー線】

最後にご紹介するのは「(3)ストーカー線」です。これは感情線の下に、短い破線がいくつも見られる線を指し、この線が出ている人は、気持ちの切り替えが遅い傾向にあります。例えば何かを決めるときに、いつまでも悩んだり、考え込んでしまったりすることが多いようです。恋愛においても、相手と別れることにいつまでも納得ができなかったり、別れた相手に対して怒りを覚えたりするかもしれません。

「失敗は成功のもと」というように、人生は失敗の連続です。過去の失敗を恐れず、何事にも積極的に取り組むことが重要です。その場その場で、上手く気持ちを切り替えることで、明るい未来が見えてくるでしょう。

参画ドクター3070名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれるドクターをご紹介します。

  • 喜田直江
  • 馬場由佳理
  • 秋山俊洋
  • 佐藤正樹
  • 笠井敬一郎
  • 古田聖典
  • 大橋昌敬
  • 谷村真一

参画ドクター一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.