密室でも気にならない!歳を取っても距離を気にしない体へ!

年齢と共にニオイが強くなる原因とは

青山秀和

監修:赤坂ビューティークリニック 院長青山秀和先生

年齢を重ねてくると気になるのが、体臭です。ひどい場合では、ニオイに悩むあまり、精神的に追い詰められてしまうこともあります。しかし、ほとんどのケースでは程度の軽い加齢臭であり、手術をするほどの状態ではありません。生活習慣の改善など、自分でできる対策から始めるとよいでしょう。

加齢臭はどこから発生している?

年齢と共にニオイが強くなる原因とは

体臭が気になると、自分に自信を持てなくなり、あらゆる面でマイナスに影響することがあります。加齢臭だから仕方ないとあきらめずに、対策できることはないのか考えていきましょう。

私たちの皮膚には、汗を分泌する「汗腺」と、皮脂を分泌する「皮脂腺」があります。これらが、体臭と大きく関係しているのです。

汗腺は「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」の2種類に大きく分けることができます。エクリン汗腺と違い、アポクリン汗腺は毛穴の中で皮脂腺と一緒に存在しているのが特徴です。そして、このアポクリン汗腺は全身に存在しているわけではなく、ワキの下や耳の後ろあたり、陰部などに集中的にあります。

ニオイのもとは脂肪酸だった

ニオイのもとは脂肪酸だった

アポクリン汗腺から分泌される汗が皮脂を含み、それが皮膚の垢(アカ)や菌と混ざり合って酸化します。すると、加齢臭の主成分である「ノネナール」が生成されるのです。これが、体臭が起こる仕組みです。

ただし、同じように汗が酸化しても、ニオイが気になる人とそうでない人がいます。これに関係しているのが、皮脂の分泌量です。つまり、皮脂の分泌を促進する働きをしている「脂肪酸」が問題と言えるでしょう。

若い人と比べると、中高年の皮膚には脂肪酸が多く存在しています。そのため、加齢臭が発生しやすいのです。 加齢臭を根本からケアするためには、肌を清潔に保ち、脂肪酸を増やさないような生活習慣を心がける必要があるということを覚えておきましょう。

※ドクターによる監修は、このスペースのみとなり、この部分のみ広告ではありません。
また、他のスペースにおいてもドクターが掲載商品や特定商品への保証や購入等を推薦するものではありません。

生活習慣を見直そう!大切なのは清潔を保つこと

生活習慣を見直そう!大切なのは清潔を保つこと

正しい清潔対策とは

常日頃から気をつけるべきなのは、次の3点です。

●体を清潔に保つ
雑菌が繁殖しにくい環境をつくる必要があります。特に、汗をかいた後にはシャワーを浴びるようにしましょう。就寝中もかなりの汗をかきますから、 起きたら汗を流すことをおすすめします。

●洗い過ぎない
だからといって、体を過剰に洗い過ぎるのはよくありません。洗浄力の高い石けんなどを使うと、必要な常在菌まで流してしまい、悪循環に陥ることがあります。ぬるま湯で洗い流す程度で十分です。

●肌着や下着にこだわる
体だけでなく、身につける衣服も清潔にしておかなければいけません。肌着や下着を毎日とり替えるのは当然ですが、汗をかいたときにもこまめに着替えるとよいでしょう。吸湿性にすぐれた綿100%の素材がおすすめです。

このような体の外側の対策と並行して、内側からもサポートしていきましょう。

体の内側からのサポートも重要!食生活の見直し

体の内側からのサポートも重要!食生活の見直し

食生活を改めるのは想像以上に難しい

肉類中心の食生活は、すぐに改めましょう。肉類は体の脂肪を増やすので、不快感を与える原因となるのです。必要なタンパク質は、魚類や大豆で摂取することもできます。

また、野菜や果物に含まれているビタミンCをとり入れると、不快感を与える原因が発生しにくい環境になりやすいといわれています。 とはいえ、肉が好きな人などの場合、毎日の食事を急に変えるのは簡単ではないでしょう。そのようなときは、次にご紹介する成分を積極的に摂取する対策もあります。

不快感対策をサポートする成分

体の内側から不快感対策をする際に、ぜひ知っておいていただきたい成分が2つあります。

●シャンピニオンエキス
天然のマッシュルームから抽出される成分です。含まれている栄養素はとても豊富で、アミノ酸(グルタミン酸・スレオニン・アラニン)・フラボノイド・ポリフェノール・多糖類・ビタミン類・ミネラル(マグネシウム・カルシウム・鉄・銅)など、体内からきれいになるのに必要なものが揃っています。
●柿渋エキス
柿から抽出される成分で、緑茶やワインに比べて10倍以上ものポリフェノールを含んでいます。それだけでなく、カリウムやビタミンも豊富。ベタつく春・夏をスッキリな毎日へとサポートしてくれます。
●緑茶エキス
ツバキ科の常緑低木植物である茶葉から抽出したエキスで、日本でもなじみのある成分です。緑茶に含まれるカテキンはリフレッシュ成分として知られています。
●鉄クロロフィリンナトリウム
クロロフィルは葉緑素の一種でよくガムに配合されており、エチケットにうれしい成分です。

上記はスッキリを応援する成分として注目したい成分です。これらをバランスよく取ることで、周りとの距離を気にしない体づくりをサポートしましょう。

シャンピニオンエキスと柿渋エキスで内側から対策

スキンケア大学のおすすめ!「メンズデオ7200」

体の内側からアプローチするといわれている成分を手軽に摂取するのにおすすめなのが、「メンズデオ7200」です。

シャンピニオンエキスと柿渋エキスはもちろん、緑茶エキスと鉄クロロフィリンナトリウムの4つの成分がたっぷりと配合されています。これらは、全てエチケット対策に必要とされる成分です。配合量にかなりこだわっているにもかかわらず、コストパフォーマンスにすぐれていて1日約90円ほどにおさえることも可能です。

年齢のせいとあきらめずに、このようなサプリメントを試して積極的に対策をしてみてはいかがでしょうか。 (スキンケア大学編集部)

知らないうちにスメハラしたくない!そんなアナタはコチラ!

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.