美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

男性の乾燥肌の特徴や、化粧水の正しい選び方や付け方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/02/27

乾燥肌対策にはまず保湿ケア

乾燥肌とは、肌表面にある角質層の水分量が低下している肌の状態のこと。ですから乾燥肌の改善には、化粧水、美容液、乳液もしくはクリームを使った保湿ケアが欠かせません。

ですがスキンケア用品にあまりなじみのない男性にとっては、何をどう使っていいのかわかりにくいかもしれません。そこで今回はまず、乾燥肌についての豆知識、効果的な化粧水の選び方や使い方をご紹介していきましょう。

男の肌はベタつくのに乾いている?

男性の肌は男性ホルモンの関係で女性よりも皮脂量が多くベタつきやすい傾向にあります。

ベタつきの原因にもなる皮脂ですが、実際の役割は、肌を保護すること。皮脂と汗が混じり合ってできる「皮脂膜」が、肌の表面を覆うことによって肌に滑らかさやうるおいを与え、外部の刺激をブロックしたり雑菌の繁殖を抑えたり、内部の水分が蒸発するのを防いだりもしています。

このように聞くと、活発に皮脂が分泌されている男性の肌は皮脂膜によってしっかりとガードされ、十分なうるおいを保てているような気がしますが、残念ながらそうではありません。

なぜなら男性の肌は、「角質層」が乾燥しがちなのです。角質層は、たっぷりと水分を抱えこんだ「角質細胞」がレンガのように整然と積み重り、その隙間を「角質細胞間脂質」がピッタリと埋めることで角質層自体がしっかりと水分を保持し、バリア機能を保っています。

しかし、男性の角質層は女性に比べて角質細胞の面積が小さいため、水分蒸散量が2倍以上多く(保水力が低い)、水分量は 1/2

以下しかないという報告があります。このため男性の肌は、べたついているのに関わらず、保水力や肌を守るバリア機能が低いと考えられます。

乾燥肌に効果的な化粧水は?

化粧水には様々な種類のものがあり、目的や用途がそれぞれ違います。

代表的なものとして一般化粧水(柔軟化粧水)、収れん化粧水、拭き取り化粧水などがありますが、乾燥肌の対策として使うのなら肌にうるおいを与えることを目的とした一般化粧水(柔軟化粧水)が適しています(特に「○○化粧水」と表示されていないものがこのタイプの化粧水です)。

化粧水選びのポイント

化粧水は、下記のポイントに注意して選びましょう。

(1)保湿成分を配合した化粧水を選択

「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などの保湿成分が入った化粧水を使用しましょう。これらは、肌にもともと備わっている保湿成分ですが、加齢とともに減少するため、保湿成分を意識的に補うことが必要です。

(2)肌のバリア機能を高める成分を配合した化粧水を選択

十分な保湿ケアをしても、保湿成分が蒸発するようでは意味がありません。水分を逃がさないよう肌のバリア機能を正常に整えることが重要です。有効成分には「コウキエキス」「ベントナイト」「ラフィノース」などがあります。

(3)肌に刺激の少ない化粧水を選択

男性は爽快感のある洗顔料や化粧水を好む傾向がありますが、敏感肌になったときは、肌に刺激の少ないタイプを選びましょう。「グリセリン」「尿素」「PG(プロピレングリコール)」などは低刺激なうえ、保湿効果にも優れているので、このような化粧水を選びましょう。

(4)防腐剤フリーやノンアルコールの化粧水を選択

化粧品の劣化を防ぐために、防腐剤として「パラベン」が配合されていることがあります。「パラベン」は肌に刺激を与える場合もあるため、敏感肌の方は「パラベンフリー」になっているものを極力選びましょう。また、肌に爽やかな着け心地を与えるために、「アルコール」が入っていることがあります。「アルコール」は、揮発性があるため、肌の水分を奪います。健康な肌状態の方は、肌のバリア機能がしっかりとしているため、ヒリヒリとしたり、赤くかぶれたりすることはありませんが、敏感肌の方はヒリヒリと刺激を受けるため、使用は控えましょう。またニキビができやすい人はニキビができにくい化粧品「ノンコメドジェニック」化粧品を選びましょう。

化粧水の正しいつけ方

化粧水をつける時に、顔をパチパチと手で叩きながらつける方がいますね。その方が肌に化粧水が浸透するような気がするのかもしれませんが、実はあまり効果がないようです。しかも強く叩き過ぎると、赤ら顔やシミの原因にもなるので注意が必要です。

正しい化粧水のつけ方は、まず手の平で顔全体にさっと馴染ませた後、仕上げに乾燥しやすい目元やフェイスラインを手の平で優しく押さえこむようにして馴染ませること。優しく、丁寧につけるのがポイントです。

保湿ケアの仕上げにはクリームを

乾燥肌の予防、改善には化粧水、美容液、クリームもしくは乳液を使った保湿ケアが欠かせません。男性の皆さんは「そんなに色々つけなくちゃいけないの?」と面倒に感じるかもしれませんが、化粧水や美容液をつけただけでは水分が蒸発してしまうため、あまり保湿効果が期待できないのです。

お手入れの最後には必ずクリームや乳液で肌の表面をしっかりと包み込み、うるおいを閉じ込めるようにするので効果が期待できます。

ただし、皮脂の分泌量が多い人はべたべた色々つけるとニキビができやすくなりますので、注意しましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 鈴木徹
  • 櫻井直樹
  • 簡野晃次
  • 寺町英明
  • 武田昇
  • 渡邊千春
  • 大地まさ代
  • 藤本篤嗣

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.