美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

ニキビに効く薬とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/03/26

薬

ニキビ薬ってどうやって選べばいいの?

ニキビに効く薬と一口に言っても、ニキビの状態などでその人に1番合うニキビ薬は変わります。

またドラッグストアで市販されているものと、病院で処方してもらうものでは使い方も効き方も違います。基本的に市販されている薬は効き目は弱いですが副作用も弱く、病院で処方されるものは効き目は強いですが副作用の強い場合があるので使い方には注意が必要です。

市販されている塗り薬

ドラッグストアなどで気軽に買えるニキビ用塗布薬は、主にニキビの原因菌であるアクネ菌の活動を抑え炎症を静める効果のあるイブプロフェンピコノールという成分が含まれているものと、同様にアクネ菌を抑え皮膚の角質を溶解・剥離させ新しい皮膚の生成を促すイオウ製剤があります。

いずれも病院で処方されるニキビ薬と比べると配合されている効き目成分も少なめで、ニキビのでき始めなどには効果がありますが、ある程度進行してしまったニキビには効果が薄い場合が多いようです。

市販されている飲み薬

市販の飲み薬はビタミンB郡やビタミンCの働きで皮膚の新陳代謝を高め、肌の環境を整える効果のあるものが多いようです。それと合わせて漢方成分が配合されており、血行促進やホルモンバランスを整えることでより効果を高めているものもあります。

市販されている飲み薬と病院で処方される飲み薬の最大の違いは、抗生物質が含まれているかどうかです。抗生物質はニキビの原因となる細菌を直接殺菌するもの。市販されているものはニキビに直接効くということではなく、ニキビ予防や進行を抑える目的で使うのが良さそうです。

病院で処方される塗り薬

病院でよく処方される外用薬としては、外用レチノイドと外用の抗生物質が挙げられます。外用レチノイドは海外では最も一般的なニキビ薬で、近年では日本でも広く使用されるようになりました。

この成分は肌の角質化を抑え、新しい皮膚の再生を促す効果があります。非常によく効くため、皮膚が赤くなりヒリヒリと痛む随伴症状が出る場合が多いようです。またニキビの原因菌を抑える作用はないため、抗生物質と併せた処方が必要となります。

効き目が強く随伴症状もあるため医師としっかり相談し、納得した上で使用することが必須と言えるでしょう。また12歳以下の子供と妊娠中の方には処方が禁止されていますので注意が必要です。

病院で処方される飲み薬

病院で処方してもらえる内服薬としては、内服用の抗生物質と漢方が挙げられます。抗生物質はすでに説明した通り、アクネ菌を直接殺菌する効果のある成分です。

様々なニキビ薬を試しているが全然治らないという方は、1度漢方処方を受けてみることもオススメです。漢方は生薬を原料としていますので、上記の薬が身体に合わない方も安心して使うことができます。

市販の漢方薬もありますが、ニキビの経過に合わせ1番良い漢方の配合を考えてもらえる病院での診療が1番効果が高いです。漢方を扱っている病院は多いですので、1度診療を受けてみると良いでしょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 中井正基
  • 松林景一
  • 真崎信行
  • 馬野詠子
  • 谷口由紀
  • 寺井美佐栄
  • コッツフォード 良枝
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.