美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

鼻の黒ずみの対処法(3)クリニックでの毛穴治療

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/28

クリニック

毛穴の黒ずみはクリニックでも治療できる

自宅でいろいろとケアを試してみたけど、毛穴の黒ずみが改善しないという場合は、クリニックで治療を受けてみるのも良いかもしれません。クリニックの毛穴治療はケミカルピーリング、イオン導入、レーザー治療などを行います。

ケミカルピーリング

一種の酸であるピーリング剤を肌に塗り、肌の表面に残っている古い角質を除去する治療法です。これによって古い角層がはがれ落ちやすくなり、新しい角層の生成が促されて、肌のターンオーバーが活性化します。

また同時に毛穴に詰まった皮脂汚れも取り除かれます。ミカルピーリング後に多少皮膚が赤くなったり、かさかさしたりすることもあります。

イオン導入

微弱電流を使って、ビタミンC誘導体を肌の奥深くにまで浸透させる治療法です。イオン導入器を使うことで、ビタミンC誘導体をただ肌につけるよりも、はるかに浸透が良くなり、過剰な皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を引き締めたりする効果があります。

家庭用のイオン導入器も市販されていますが、クリニックで受けたほうが効果的です。まれに電流の刺激が気になったり、肌に赤みが出たりする人もいます。

レーザー治療

特殊な装置で発生させた光を患部に照射する治療法です。レーザー治療にはさまざまな種類がありますが、毛穴の黒ずみケアによく使われるのは、カーボンレーザー(マックスピール)やフラクショナルレーザーなどです。

カーボンレーザー(マックスピール)…黒い微粒子(カーボン粒子)を含んだカーボンクリームを、毛穴の奥にまで塗りこみ、レーザーを照射することで、カーボンが瞬時に燃焼・飛散し、古い角層を取り除くというものです。3~5回程度施術を受けると、効果が実感できるようです。

フラクショナルレーザー…レーザーをミクロの点状に集約して照射し、皮膚に目に見えないほどの小さく、深い穴を開けます。レーザーが当たった部分は火傷しますが、非常に細かい傷なので自然に治癒されます。

傷の治癒と共に、肌が真皮層から新しく生まれ変わるというメカニズムです。鼻の毛穴の場合、だいたい2~3週間に1回の施術ペースで、3~5回で満足のいく効果を実感できると言われています。

クリニックで治療を受ける際の注意点

クリニックでの毛穴治療の効果には個人差があるので、治療を受けたからといって、必ずしも満足のいく結果が得られるというわけではありません。また美容治療は保険適用外なので、費用も高額になります。

最低でも3軒以上のクリニックに足を運び、カウンセリングを受けてから、誠意を持って科学的に説明してくれるクリニックを選びましょう。

毛穴・角栓の肌トラブル対処方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 秦俊昭
  • 近藤悟
  • 田中宝
  • 冨田実
  • 加藤周 
  • 高山有由美
  • 倉富英治
  • 稲見文彦

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.