美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

脂性肌の男性の正しい洗顔方法とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

洗顔方法

正しい洗顔が脂性肌改善のカギ

肌のベタつきが気になると、豪快にゴシゴシと顔を洗ってサッパリしたくなりますね。でも、そんな洗顔方法が皮脂の分泌を過剰にする原因になっているのをご存知ですか?

脂性肌を改善するには、まずは洗顔方法を見直すことが大切です。そこで今回は、正しい洗顔方法をご紹介していきましょう。

ゴシゴシ洗いがNGな理由

私たちの肌には肌の水分を保持したり、外部からウィルスや雑菌が進入するのを防いだりする「バリア機能」があります。このバリア機能を果たしているのが肌の一番表面にある角質層の細胞間脂質(主成分はセラミド)や、NMF(天然保湿因子)、そして角質層をコーティングしている皮脂などです。

しかし角質層は摩擦に弱いため洗顔の時に指に力を入れてゴシゴシこすると、剥がれ落ちて肌のバリア機能が損なわれてしまいます。すると肌はバリア機能を補うために、皮脂の分泌をさらに増やしてしまうのです。ですから肌の汚れは指でこすり落とすのではなく、泡でやさしく包み込んで落とすようにしましょう。

どのくらい泡立てれば良い?

泡立ての目安は手のひらに泡立てた泡をとって、その手のひらを裏返しても泡が落ちないくらいまで、もっちりしたきめ細かな泡にすることです。上手く泡立てることができないという人は、市販の泡立てネットを利用すると良いでしょう。ただし泡立てネットを濡れたまま放置していると、雑菌が繁殖してしまいます。使用後はしっかりと水分を切り、風通しの良い所で乾燥させることが大切です。

正しい洗顔の手順

(1)洗顔をする時は、まずは手を洗って雑菌を落としてから、ぬるま湯で顔全体を素洗いします。

(2)次にしっかりと泡立てた泡で、Tゾーンやあごなどの皮脂分泌の多い部分からやさしく洗っていきましょう。洗う時は泡を肌の上でコロコロと転がすような感覚で。決して直接指で肌をこすらないように注意してください。

また長々と時間をかけて顔を洗っていると肌に負担をかけてしまうので、1分~1分半程度で終わらせるようにしましょう。

(3)人肌程度のぬるま湯で丁寧に洗い流していきます。もちろんこの時も、ゴシゴシ肌をこするのは厳禁です。また熱いお湯で洗うと皮脂を落とし過ぎてしまうので、お湯の温度にも注意しましょう。フェイスラインや髪の生え際などにも泡が残らないように、しっかりと洗い流します。

(4)洗い流した後は、清潔なタオルで肌をやさしく押さえるようにして、水分をタオルに吸収させていきましょう。この時も決してタオルで肌をこすらないように気をつけてください。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 竹江渉
  • 曽山浩輔
  • 藤澤空彦
  • 髙岩真理
  • 谷川知子
  • 田中宝
  • 福岡大太朗
  • 濱野英明

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.