美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

脂性肌の男性にいい洗顔料とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

洗顔料

脂性肌の肌は汚れがつきやすい

顔の肌は1日中外気にさらされているので、排気ガスやタバコの煙、ホコリなど空気中の汚れがたくさん付着しています。なかでも脂性肌の人は皮脂で肌がベタついているので、こういった汚れが通常よりも付着しやすい傾向があるのです。

しかし肌の汚れをそのまま放っておくと、雑菌が繁殖したり皮脂が酸化したりして、ニキビや吹き出物、毛穴の黒ずみなど肌のトラブルが起こりやすくなります。毎日の洗顔できちんと汚れを落とし、肌を清潔に保つようにしましょう。

ただし、いくら洗顔が大切だと言っても1日に何度も顔を洗うのは良くありません。なぜなら洗い過ぎると肌を守るために必要な皮脂まで落としてしまうので、それを補うために、かえって皮脂の分泌量が増えてしまうからです。

何事もほどほどが大事。洗顔料を使って顔を洗うのは、朝晩の2回だけにとどめておきましょう。

脂性肌にオススメの洗顔料

脂性肌の人は肌をさっぱりさせたくて、洗浄料の強いスクラブ入りやメントール配合の洗顔料を使ってしまいがちです。しかし、こういった洗顔料は刺激や洗浄力が強すぎるため、肌の表面を傷つけたり乾燥させたりする恐れがあります。使っている時はスッキリしたように感じても、余計に皮脂の分泌が増えてかえってベタつくということもあるので、余計なものが入っていないシンプルな洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔料には洗い上がりのつっぱり感を消すために、油が含まれているものや界面活性剤が入っている製品がたくさんあります。成分表示を見てもこういった成分がどのくらい入っているのかを見分けるのは難しいので、自分で選ぶ時は余計な油分や添加物が入っていないシンプルな固形石けんを使うのもオススメです。

洗顔する時の注意点

洗顔をする時は、しっかりと泡立てた泡でやさしく丁寧に洗うのが基本です。泡立てるのが苦手な人は、泡立てネットを使うと良いでしょう。ただし濡れた泡立てネットをそのままにしておくと雑菌が繁殖してしまうので、使用後はしっかりと水分を切って、乾燥させることが大切です。

また男性は力を込めて肌をこすって洗いがちですが、摩擦をすると肌を保護しているバリアが剥がれてしまいます。

バリア機能が損なわれた肌は皮脂の分泌を活発にすることで自分を守ろうとするので、脂性肌が悪化してしまいます。指で汚れをこすり落とすのではなく、肌の上で泡を転がすような感覚で、なるべく指が直接肌に触れないようにして洗うようにしましょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 相澤浩
  • 植村元貴
  • 樫山洋子
  • 西川陽平
  • 山田哲雄
  • コッツフォード 良枝
  • 林和弘
  • 武田りわ

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.