美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

赤いイボは老人性のもの?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/24

赤いイボの正体は血管腫

肌にツルンとした数ミリ程度の血がたまったような、赤いイボができることがあります。これは「血管腫」と言う良性腫瘍です。

原因は現在でもいくつかの学説が唱えられており、特定されていない状態です。症状としては、血管が拡張したり増殖したりといった、奇形を起こしていると考えられる場合が多いようです。

奇形、というとちょっと怖いですが、数ミリ程度の血管腫であれば、奇形は顕微鏡レベルのものですので、健康を害する心配はなく、腫瘍自体も良性ですので、病気に発展することはなく、取らなければならないものではありません。

ただ、あまり大きいものになると、生活に支障をきたすこともありますし、見た目の似た悪性腫瘍である場合もありますので、皮膚科や整形外科の診察を受けることをオススメします。

血管腫には老人性のものとそうでないものがある

血管腫には、体の内部の血管の形成異常で起こるものと、体の外部の紫外線の刺激や皮膚の炎症などより起こるものの2種類があります。前者には、ポートワイン血管腫乳児血管腫先天性血管腫などがあり、後者を老人性血管腫と言います。

老人性血管腫と聞くと、高齢者にできるものだと考えてしまうかもしれませんが、若い人にもできます。老人性血管腫は顔や腕、胸元、背中など紫外線を浴びやすい部分にできやすいのが特徴です。

老人性血管腫は、早ければ思春期頃からでき始めます。予防するためには、しっかりUV対策を行うことと、皮膚の炎症を起こさないよう、日々のスキンケアをきちんと行っていく必要があります。

血管腫の治療法

血管腫は良性ですので無理に取る必要はないのですが、見た目が気になる場合は治療を受け、除去することができます。ただし、美容的観点が大きくなりますので、保険が効かないことが多いようです。治療費については、事前にしっかり確認を取るようにしてください。

血管腫の除去治療は皮膚科や形成外科でおこなっており、主に4つの方法があります。

・レーザー治療

ホクロやイボの除去にも利用される治療法で、炭酸ガスレーザーを使用します。炭酸ガスレーザーは水に反応するレーザーで、皮膚の水分に反応して熱を生じさせます。この特徴を利用し、患部を削っていくのです。多くの病院で採用されているオーソドックスな治療法です。その他にもロングパルスヤグレーザーやエルビウムレーザーを用いることがあります

・電気凝固法

こちらもホクロやイボにもよく利用される治療法です。電気メスを使用し、患部を焼いてかさぶた状にし、除去します。治療にかかる時間も5〜10分程度で、小さな血管腫の除去にはレーザー治療か電気凝固法が手軽でオススメです。

・凍結療法

液体窒素で血管腫を凍結させて組織を破壊し、除去する治療法です。治療を行って1週間ほどで、患部がだんだんかさぶた状になり剥がれていきます。上記の2つの治療法に比べ、術後の患部が痕になりやすいのが欠点です。

・外科手術

上の3つでは除去できないような大きな血管腫の場合、手術により切除することも検討されます。目安としては、血管腫が1センチ以上になると手術を勧める病院が多いようです。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 秋山俊洋
  • 谷川知子
  • 真弓愛
  • 川島栄吉
  • 武田昇
  • 大澤一弘
  • 堀江義明
  • 北山英美子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2022 SHARING BEAUTY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED