美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

前髪の増毛のオススメのタイプ

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

前髪の薄毛にも増毛は可能

前髪は、髪型の印象を決める大きなポイント。短くしたり、立ち上げたりして額を出す、
長めの前髪を額に垂らす、分け目の位置を変えるなど、前髪のスタイルが変わるだけで、ガラッと印象が変わるものです。しかし、前頭部の髪が薄くなってしまうと、そんな前髪のアレンジの幅も狭まってしまいます。

薄くなった前髪をカバーするためには、一般的に「かつら」と呼ばれる着脱式の人工毛を装着するという手段もあります。しかしこの場合、製品によっては見た目に不自然さが出てしまうことがあります。前髪は人目につきやすい部分なので、不自然だったり、いきなり大幅に髪のボリュームが変わったりすると、周囲の人に気づかれてしまうことも考えられます。また、かつらを着けている場合、スプレータイプの整髪料などを使用すると除去するのが難しいため、スタイリングが限られてしまいがちなのも難点です。

では、前髪の自然な増毛は難しいのかというと、決してそんなことはありません。増毛方法によっては、自然な見た目での前髪の増毛が可能です。

前髪にオススメの増毛方法

前髪の増毛におすすめなのは、「結毛式タイプ」や「編み込みタイプ」、「接着タイプ」などの増毛方法があります。見た目も自然な上、段階的に髪を増やしていくことができるので、急に印象が変わった、などの違和感がありません。また、これらの増毛方法であれば、整髪料も自由に使えるので、思い通りのスタイリングを楽しむことができます。

これらの増毛方法の中でも、特に前髪にオススメなのは、結毛式タイプです。結毛式タイプは、自分の髪に人工毛を結びつけてボリュームアップさせる増毛方法。髪の流れや長さを自毛に合わせることができ、より自然な仕上がりになります。ただし、自毛が生えていない部分には利用できないので、生え際がかなり後退しているなど、前頭部の薄毛の範囲が広い人には向いていません。

そんな人は、「接着タイプ」の増毛がよいでしょう。接着タイプは、人工毛を植え付けた特殊な薄いシートを接着テープや接着剤で頭皮に貼り付ける増毛方法なので、自毛が生えていない部分にも利用することができます。前髪の増毛を接着タイプにするときは、貼り付けているシートと頭皮の境目が目立ちにくいような極薄のシートを使った製品を選ぶのがオススメです。

他にも植毛によっても薄毛を目立たなくすることができます。詳しくは「M字型脱毛に有効な植毛を受けるときの注意点」をご覧ください。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 笠井美貴子
  • 鈴木稚子
  • 濱野英明
  • 田原一郎
  • 日比野英子
  • 野中大樹
  • 喜多孝志
  • 中徳太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.