美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

高い効果が見込める?増毛治療のメリット・デメリット

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/04

服薬治療のメリット・デメリット

クリニックで受けられる増毛治療は、民間療法とは違って、高い効果が期待できるものですが、デメリットがあるということも知っておく必要があるでしょう。そこで今回は、代表的な増毛治療のメリットとデメリットをご紹介していきます。

「プロペシア」を服用する服薬治療のメリットは、高い効果が期待できることです。「プロペシア」という薬は、厚生労働省から、医師による処方が認められている薄毛治療薬です。また、日本皮膚科学会によって作成された「男性型脱毛症診療ガイドライン」でも、最高ランクのA評価を受けています。これらのことからもプロペシアは、一般的な育毛剤などを使うよりは、薄毛への効果をかなり期待できるといえるでしょう。また飲み薬なので、周りの人に気づかれることなく、薄毛の治療を受けられるというのもメリットです。

ただしプロペシアは、効果が出るまでに、最低でも3か月以上は、服用を続ける必要があります。また、服用を止めると効果が消えるので、継続して飲み続けなくてはなりません。さらに、プロペシアの効果には個人差があるので、飲んでも効果が現れない人もいます。そして、ごくまれにではありますが、勃起不全や肝機能障害などの副作用が出ることもあります。

自毛植毛のメリット・デメリット

自毛植毛は、後頭部などの髪を薄毛が気になる部分に移植する外科手術ですが、移植した髪が定着すれば、その後も自分の髪として、生涯にわたって生え続けます。このため、メンテナンスに行く必要がなく、コストが初期費用しかかかりません。また自毛植毛では、本人の髪を植え込んでいくので、移植部分も、ほかの頭髪と同じ髪質になり、仕上がりが自然になります。

ただし自毛植毛は、移植するための髪を採取する際にメスを使うので、後頭部などに小さな傷跡が残ってしまいます。しかし最近ではメスを使わない自毛植毛を行っているクリニックもあるので、この点はクリニックに確認してみるとよいでしょう。
また、自分の髪を移植毛として利用するので、移植できる髪の量に限りがあることも知っておきましょう。そして、自毛植毛した髪は、一旦抜け落ちてから再び生えていくので、完全に生え揃うまでには時間がかかります。さらに自毛植毛は、高度な技術を必要とする手術なので、仕上がりの自然さや髪がきちんと定着するかどうかが、施術をする医師の能力に左右されます。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 宮部崇
  • 古山登隆
  • 竹内 孝基
  • 板東浩
  • 保坂太一
  • 林博之
  • 伊藤大助
  • 佐藤大介

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.