美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

乾燥肌にいい入浴剤とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/27

乾燥肌には入浴が効果的

カサカサと肌が乾燥し、見た目にも痛そうな乾燥肌は、ときに猛烈なかゆみを伴います。乾燥肌を改善するために欠かせないのが、肌の保湿と体の血行促進。この二つを手軽に行えるのが「入浴」です。そこで、乾燥肌に適している入浴剤をご紹介します。

入浴剤の配合成分に着目して選ぶ

保湿成分が配合されている入浴剤を使用してください。高い保湿効果をもつ「セラミド」「ヒアルロン酸」「スクワラン」などがいいでしょう。ほかにも、「プラセンタエキス」「コエンザイムQ10」など配合されているものも効果的です。

また、肌の新陳代謝を高める成分もおすすめです。「硫酸ナトリウム」「炭酸水素ナトリウム」「コハク酸」「センキュウ」「トウキ」「チンピ」など。発汗を促進させ、体の血行がよくなります。

入浴だけでも体は十分に温まりますが、入浴剤を併用することで、湯冷めもしにくくなり、冷え症の予防にもなります。

「合成界面活性剤」不使用の入浴剤を選ぶ

お湯の肌触りや使用感をよくするために「合成界面活性剤」を配合している入浴剤がありますが、乾燥肌の方にとって、なるべく使用は控えたいところです。

「合成界面活性剤」が配合されていると、肌の必要な皮脂膜まで取り去る可能性があるからです。酷い場合には、皮膚内の角質細胞脂質である「セラミド」を溶かし、肌のバリア機能が低下することもあります。

どの入浴剤を選択すればいいのか分からなくなったら、一つの目安として、アトピー肌の方や、赤ちゃんが入浴できるほど肌にやさしいタイプを選ぶようにしてください。

入浴後の保湿ケアも大切

入浴してお風呂からでると肌は急激に乾燥し、20~30分経過すると入浴前よりも急激に乾いた状態になります。肌の乾燥を防ぐためにも、お風呂から上がって15分以内には保湿クリームを塗りましょう。

肌の乾燥具合に合わせて、化粧水やボディミルクを使用し、乾燥が著しい部分には重ね塗りなどして保湿ケアをしてください。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 神林由香
  • 石井良典
  • 田中伸明
  • 伊藤大助
  • 山田美奈
  • 髙岩真理
  • 鬼塚圭子
  • 小俣紗也香

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2022 SHARING BEAUTY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED