美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

口内炎を潰すのは良くない

更新日:2017/04/19 公開日:2014/12/26

口内炎を潰して良いの?

口内炎ができていると、思い切って潰してしまったほうが、痛みから早く開放されるのではないかと思う人もいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。口内炎は、口の中に雑菌やウイルスなどが繁殖し、炎症を起こすことで発症します。

このため、無理やり潰すと、患部に雑菌が入って炎症が悪化したり、口内炎の種類によっては、口腔内にウイルスが拡散して、新しい口内炎を増やしてしまったりする可能性があります。下手に口内炎を刺激しないように、塗り薬や貼り薬をつけるとき以外は、なるべく触らないようにしましょう

口内炎を早く治すには?

口内炎をできるだけ早く治したいなら、口の中を清潔に保つことが大切です。食事をした後は、必ず歯を磨くようにしましょう。ただし、ゴシゴシ力任せに歯を磨くと、患部を傷つけてしまう可能性があるので、口内炎の付近はやさしく、ていねいに磨きます。

そして、患部を殺菌するために、殺菌効果のあるうがい薬やアルコールフリーのマウスウォッシュを使って、定期的にうがいをしましょう。できれば、起床直後、毎食後、就寝前にうがいをするのがオススメです。

このとき、風邪予防のときのように、喉でガラガラうがいをするのではなく、口内炎の患部を洗うようなつもりで、ブクブクうがいをするのがポイントです。1回につき20秒程度ブクブクうがいをし、3回繰り返すのが良いでしょう。塗り薬や貼り薬を利用する場合は、うがいをしてからつけます。

レーザーや高周波治療もオススメ

また、口内炎をもっと早く治したいなら、病院で、レーザー治療や高周波治療を受けるのもオススメです。これは、レーザー光線や高周波の電流を照射して、患部を焼いてしまう治療法で、殺菌や消毒の効果があります。

レーザー治療や高周波治療を受けたからといって、すぐに口内炎が完治するわけではありませんが、一度治療を受けるだけ、痛みが消えるといわれており、塗り薬や飲み薬を用いた治療に比べると、治るのも早いといわれています。

薬での治療については「口内炎に有効な薬とは」をご覧ください。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 田路めぐみ
  • 小柳衣吏子
  • 田尻豊和
  • 真崎信行
  • 武田りわ
  • 中島義明
  • 徳永真理
  • 秋好茜

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.