美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

唇の乾燥を予防する方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/02/16

リップクリーム

男性でも唇の乾燥は避けたい

唇は皮膚が薄く、皮膚を保護する皮脂の分泌もほとんどないので、気をつけないと、すぐに乾燥してしまいます。男性の場合は、女性のようにつやつやの唇になりたいとまでは思わないかもしれませんが、それでも唇が乾燥して皮がめくれたり、ひび割れをしたりするのは、避けたいはずです。

まずは唇を舐めないことが大切

唇の乾燥を予防するために、まず気をつけたいのは、唇を舐めないようにすること。唇が乾いてきたと感じると、ついつい唇を舐めて、うるおそうとしてしまいがちですが、実は逆効果。

うるおったように感じても、唾液には消化酵素が含まれているので、乾いたときに余計に唇が乾燥しています。唇の乾きが気になるなら、リップクリームを使うようにしましょう。

リップクリームの塗り方にも注意

リップクリームは、唇の乾燥予防に効果的ですが、使い方によっては、逆に唇が荒れる原因になることもあります。

女性の口紅のように、唇に対して横向きに一直線に引いていくのではなく、唇のキメに沿って縦向きに塗りましょう。また、グリグリ押しつけて塗ると、唇を摩擦してしまうので、力を入れずにやさしく塗ることも大切です。

そして、あまり頻繁に塗りすぎると、細胞のターンオーバーを妨げる可能性があるので、塗る頻度は、朝晩と毎食後など、多くても1日に5回程度にとどめておくようにしましょう。

内側からのケアも忘れないで

唇の乾燥予防には内側からのケアも大切です。その1つは、バランスの良い食生活を心がけたうえで、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない「ビタミンB2」や「βカロテン(ビタミンA)」を積極的に摂ること。

特にビタミンB2の不足は、唇の荒れにつながりやすいといわれています。ビタミンB2は、レバーや魚介、乳製品、卵などに、βカロテンは緑黄色野菜に豊富です。

また睡眠不足も、免疫力を低下させたり、皮膚のターンオーバーのサイクルを乱したりして、唇を荒れさせる原因になります。規則正しい生活を心がけ、質の良い水分を十分にとれるようにしましょう。

乾燥肌のケアの記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 鈴木徹
  • 櫻井直樹
  • 簡野晃次
  • 寺町英明
  • 武田昇
  • 渡邊千春
  • 大地まさ代
  • 藤本篤嗣

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.