美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

一般の皮膚科と異なる、美容皮膚科での治療とは

更新日:2017/08/17 公開日:2017/03/31

近年では肌に対しての悩みは男女共通となり、美容治療は女性だけのものではなくなってきました。皮膚や肌に特化した美容皮膚科はどのような治療を行っているのでしょうか。

美容皮膚科とは

美容皮膚科は美容治療に関わる科目となり、肌、皮膚に関しての悩み、症状に対しての治療を行っています。近年ではスキンケアなど外見に気をつかう男性も増えており、他人に見られることを意識して身なりを整えることでビジネス、プライベートによい影響を与えようという人も増えているようです。肌や皮膚のコンプレックスを解消することで、自信を持って日常生活を送り、社会生活を充実させるための助けとすることが美容皮膚科の目的といえるでしょう。

一般の皮膚科との違いは

一般の皮膚科は、皮膚の症状や悩みを治療することが目的ですので、対象となる症状が治まることで治療は終了します。これに対して美容皮膚科での治療は、症状や悩みの治療に加えてその症状が起こった肌を回復し美しく整えることを目標としています。

特に皮膚の症状は他の病気などと比較しても症状の跡などが目立つ場合もあり、一般皮膚科ではこのアフターケアといえる部分についての治療は行われない傾向がありますが、美容皮膚科では症状跡を目立ちにくくする治療や肌の凹凸をならす治療が行われます。この美容的な部分の治療を行っているかどうかが一般皮膚科と美容皮膚科の最大の違いといえるでしょう。

美容皮膚科で行われる治療

美容皮膚科で行われている治療で、男性が受けられる治療にはどのようなものがあるのかみていきましょう。

脱毛治療

各部位の体毛や、顔まわりのヒゲの脱毛を行う治療です。毛量の多さの解消や面倒な手入れからの開放を目指し、肌色や肌質の改善の効果も期待されています。レーザー機器を用いた脱毛治療が行われることが多く、男性の太い毛にもしっかりとした効果が期待されています。全体的な減毛だけでなくヒゲの形を整えるような脱毛治療もあり、さまざまなニーズに対応しています。

美肌治療

顔の美肌効果を高める目的で、レーザー照射治療によってコラーゲンの生成や肌ツヤ、ハリなどを出すことを促進します。毛穴やシワ、くすみなど肌の老化にともなうトラブルに対して有効とされています。

顔の引き締め、小顔

注入療法によってシワや顔のたるみを改善します。ヒアルロン酸注入は体内の同物質と融合することでシワによって生じた肌の凹凸を盛り上げる働きがあり、加齢ジワと表情ジワ両方に有効です。ボトックス注入はボツリヌス毒素製剤の注入療法で、シワの原因となる筋肉の働きを弱めることで表情ジワができにくくします。また、筋肉を萎縮させ細くする働きもあるため、咬筋に対して使用することでエラの張りを抑え、小顔効果が期待できます。

AGA、抜け毛、薄毛の治療

頭皮の悩みも美容皮膚科の治療範囲となります。男性型脱毛症であるAGAによる薄毛、抜け毛の治療も行われ、フィナステリド薬などの内服薬、ミノキシジル薬の外用薬が処方がされます。育毛成分や栄養成分を直接頭皮に注入するなどの高度な治療も行われ、症状によっては選択されることもあります。

ニキビ治療とニキビ跡の処理

ニキビは個人によって症状差があり、治療跡が残ることも多くあります。ニキビの赤みや炎症の症状の解消のほか、クレーターのようになったニキビ跡に関しても、角質を柔らかくして剥離し肌の再生をうながすピーリング、レーザー照射によるコラーゲン生成の促進などで目立たないようにできる可能性があります。

色素沈着、刺青やタトゥーの除去

レーザー照射による治療は肌の真皮層に沈着した色素を取り除く働きもあります。同様に刺青、タトゥーも真皮層に色素を注入したものですのでこれらの除去治療も可能です。

輪郭形成

鼻筋やあごの形を整える治療法も行われています。外科治療をともなうものは美容外科の範囲となりますが、注射によってヒアルロン酸やレディエッセを注入することで鼻筋を好みの形に整えたり、あごのラインをシャープにしたりすることが可能です。

保険適用の有無と費用

美容皮膚科の治療については、一般皮膚科と異なる点として保険の適用が無いことがあげられます。これは一般の皮膚科が、病気や症状のあるものに対しての治療を行っていることに対し、美容皮膚科の治療は機能的な問題があるものではなく、あくまでも見た目を整える美容治療であることが理由となります。美容皮膚科での治療は基本的に自費診療となりますが、治療法にもさまざまなものがあり、独自のメニューがあることも少なくありません。また、治療を受ける回数などでも大きく費用が変わってきます。

広告費にお金がかかっている美容皮膚科もあり、保険も適用されないことから治療費は高額になりがちです。美容皮膚科での治療を検討する際にはどのような悩みを抱えていてどのような治療が必要かなど、費用を含めよく相談して決定することをおすすめします。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 伊藤大助
  • 井田雄一郎
  • 阪田和明
  • 加藤聖子
  • 堀井皓典
  • 末武信宏
  • 山田哲雄
  • 松原正裕

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.