5223名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

お尻の出来物から膿が出た!それって病気に繋がっているかも…?

更新日:2016/12/09

お尻の出来物から膿が出て驚いた経験はありますか?ニキビから出た膿というケースもありますが、手術が必要な病気である可能性もあります。お尻の出来物から膿が出たときに考えられる主な病気について、その原因と対処法をみていきましょう。

肛門近くから膿が出ていれば「痔ろう」かも

膿が出ている場所が肛門に近い場合、痔の一種である「痔ろう」である可能性があります。痔ろうとは肛門と直腸の間にある「肛門小窩(こうもんしょうか)」と呼ばれる小さなくぼみに便が入り感染を引き起こして膿がたまる病気です。痔ろうは自分で判断することが難しく、市販の薬では治すことができません。病院での治療が必要となりますので、早めに肛門科を受診するようにしましょう。

膿は粉瘤(ふんりゅう)から出ることも

粉瘤は毛穴の奥にある毛包が細菌感染によって炎症を起こして、皮膚の内側に表皮と同じ構造の袋がでて膿がたまる病気です。粉瘤の原因や症状については、『座ったときに気になるお尻にできた「しこり」』の記事で解説していますのでご覧ください。粉瘤そのものは良性の腫瘍ですので、治療が必須というわけではありませんが、化膿して赤く腫れて痛みが出ることも多い上、膿が出てくると強い臭いを発するので、病院で診察を受けて、抗生剤の処方や手術での摘出を受けることをおすすめします。

お尻の出来物から膿が出る原因は他にもある

痔ろうや粉瘤以外にも、お尻の出来物から膿が出る病気として、以下のようなものが考えられます。

(1)臀部膿皮症(でんぶのうひしょう)

肛門の周りの皮膚の下が化膿する病気で、周辺にある皮膚の外側まで通じている汗腺が細菌感染することで発症します。若い男性に多くみられ、一定の割合で痔ろうが見つかるのも特徴のひとつです。原則的に、治療法としては病気の部分を切除する外科的手術を行います。

(2)毛巣洞(もうそうどう)

肛門の後ろにあたるお尻の割れ目に炎症を起こして膿がたまる病気で、毛巣瘻(もうそうろう)とも呼ばれます。膿がたまる場所に毛が入っていることが多いことから名付けられました。若くて毛深い男性に多く見られます。毛巣洞も手術以外には治療法がありません。

いずれの病気であっても放置しないことが肝心です。早めに診察を受けるようにしましょう。

今すぐ読みたい

ピックアップ特集

参画医師5223名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 仮屋暢聡
  • 新垣実
  • 田尻豊和
  • 平部千恵
  • 水谷和則
  • 野中大樹
  • 田原一郎
  • 小川英朗

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.