1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

男性が鼻の美容整形を行うときの注意点

更新日:2017/10/16 公開日:2017/10/16

鼻の悩みや形に合わせて、美容整形を選択することができます。施術方法により注意することや術後の状態が変わるため、事前に医師からしっかり説明してもらうようにしましょう。

鼻の構造

鼻は、鼻骨、外側鼻軟骨、鼻翼軟骨と鼻中隔を支持組織とし、そこに皮膚が覆う構造です。呼吸器としての機能を持ちますが、それだけではなく顔面の中心にあることで美容的な観点からも重要な組織といえます。

鼻の整形の種類

鼻の形や悩みに合わせて、さまざまな美容整形を受けることができます。医師と相談しながら適切な方法を選択するといいでしょう。

隆鼻術

鼻を高くすることができる施術方法です。鼻根部が低いことをコンプレックスに感じる人は多く、鼻を高くする、鼻筋を通すことができる手術です。

鼻翼縮小術(小鼻縮小術)

鼻翼(小鼻)が広がっている人や鼻の穴が横に広がっている人に効果的な方法です。鼻翼(小鼻)を小さくすることでバランスを整え、コンプレックス解消を目指します。

耳介軟骨移植

鼻先が丸い場合に、鼻先の突出を作ることができる方法です。鼻先の突出を少し作ることで、横顔もきれいになります。

鼻尖形成

鼻翼軟骨は鼻先の形態に関与します。この軟骨は鳥が翼を広げたような感じになっています。この広がった軟骨を中心に寄せてくると鼻先をシャープにすることができます。しかし、日本人の鼻翼軟骨は小さく、またその上の皮膚が厚いため軟骨の操作の結果が外鼻形態として表れにくいということは知っておいた方がいいです。特にだんご鼻の人は皮膚が非常に厚い場合が多いです。

ハンプ切除

鼻筋の骨が前に出ていることで、段になってしまう段鼻やわし鼻を解消することができる方法です。鼻筋のラインを滑らかに整えることができます。

施術の方法

具体的に、どのような整形の方法があるのかみていきましょう。

隆鼻術

鼻を高くするためには何かを皮膚の下に入れる必要があります。ひとつの方法は、ヒアルロン酸注入です。高さの足りない部分に適量のヒアルロン酸を注入します。施術は10分ほどで終わり痛みや腫れがほとんどなく、施術を受けることができます。ヒアルロン酸は体内に存在している成分なのでアレルギー反応が起こりにくいといわれています。

しかし、体に吸収されていくため持続期間は注入する量にもよりますが、3か月~6か月程度です。ただし鼻根部に入れたヒアルロン酸はなかなか吸収されず、追加で注入すると鼻根部が太くなることがままあります。手術には主に2つの方法があります。まずは、シリコンプロテーゼの挿入です。鼻根から鼻尖まで入れます。入れるものの厚さや幅、長さなどは個人に合うように調整します。もう一つは自分の体の組織の一部、たとえば耳の軟骨や肋骨(肋軟骨)を入れる方法ですが、美容外科では一般的ではありません。一度挿入すると、半永久的に効果が持続します。切開しているため、晴れや痛みが起こります。

小鼻縮小術

小鼻の溝部分から鼻の穴の内側にかけて、皮膚組織を数mm切除します。鼻の形や悩みに合わせて、皮膚の切除方法は変わります。切除した部分を縫い合わせながら、形を縮めて終了です。腫れは比較的目立ちません。また、抜糸するまでは傷が目立たないようにマスクをして過ごすといいでしょう。

耳介軟骨移植

耳の軟骨を切除し、それを適当な大きさに切り取って2枚あるいは3枚重ねにして鼻尖に移植して、形を整える手術です。術後1週間程度は耳、鼻ともに痛みや腫れをともないます。

鼻尖形成

だんご鼻の原因が軟骨の形態にある場合、効果を期待できる方法です。軟骨を中心に寄せて縫合し、鼻先の形を整えます。鼻の穴の内側から切開する方法と鼻柱を切開する方法があります。鼻先しか切開しないため腫れはひどくはありません。

ハンプ切除

突出している骨をノミやハサミで切除して鼻筋を整えます。基本的に鼻の穴の中から手術を行うため傷跡は目立ちません。術後は、3日程度テーピングなどで圧迫固定をして、腫れを抑制させます。

鼻の美容整形によるリスク

鼻の美容整形にはさまざまな方法がありますが、ほとんどが切開や切除をともないます。そのため、腫れや痛み、合併症などのリスクをともないます。特に鼻は目立つ部分でもあるため、術後にテーピングなどによる固定が必要な場合はマスクなどを着用して隠す必要があります。また、術後1週間程度は力仕事や運動をすることができないため、仕事やスケジュールを調整する必要があります。

悩みに合わせて適切な美容整形を受けることで、鼻の形を理想に近づけることができます。しかし、鼻の美容整形はテーピングなどによる固定や腫れなどをともない、完全に落ち着くまでには6か月ほどかかり日常生活にも影響が出ることもあるため、事前に医師とよく相談することが大切です。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 大原奈津恵
  • 吉種克之
  • 大津千知
  • 古山登隆
  • 川端愛子
  • 長谷川裕之
  • 山本雅之
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.