5223名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

お尻ニキビとは?

更新日:2016/12/09

お尻はニキビができやすい部分である

ニキビは顔にできる印象が強く、体にできたニキビはケアを怠りがち。お尻にもニキビができるのをご存じでしょうか?

お尻にできたニキビを「お尻ニキビ」と言いますが、ニキビができるメカニズムは顔とほぼ同じです。一般的にニキビは、皮脂の分泌が活発になることで発生します。

しかし、お尻は顔よりも皮膚が厚く、皮脂腺があまり発達していないこともあって、皮脂量が少ないところが特徴です。また、肌が乾燥しやすく、カサつきやすい部位でもあります。

これらのことから、お尻ニキビができる原因は、ほとんどが皮脂以外のことであると考えられます。そこで、お尻ニキビができる要因を探ってみましょう。

お尻ニキビができる要因

・着衣していることで、肌の通気性が悪くなっている

下着やズボンを履いているので、通気性が悪くなります。お尻の部分の空気が入れ替わる瞬間は、着替えやトイレの一瞬のみ。また、デスクワークによりイスに長時間座っているだけで、知らず知らずの内にお尻に汗をかきます。蒸れた状態が長時間続くと、ニキビができるので注意です。

・ホルモンバランスが乱れている

ストレスによって体内のホルモンバランスが乱れると、血液がドロドロになり、血の循環も悪くなります。体の血行が滞ると体内の老廃物が排出されにくくなって、ニキビができやすい肌状態になります。この場合、お尻だけでなく背中や胸などの体、顔にもできやくなります。

・お尻の皮膚のターンオーバーができていない

運動不足や睡眠不足、ビタミンなどの栄養不足が原因で、肌の新陳代謝が悪くなっていることも原因です。運動によって血行の巡りを改善し、十分な睡眠を確保することで、肌のターンオーバーを促進させましょう。また、ターンオーバーの促しを妨害する、古い角質の付着もケアをしたいところです。ピーリング化粧品で肌を柔らかく整え、ターンオーバーによい環境へと整えてください。

・ボディソープの洗い残し

ボディソープに含まれる洗浄成分は、皮膚に残りやすいという特徴をもちます。ですので、体を洗うとき、十分なすすぎが出来ていないと、一日中ボディソープが肌に付着した状態になり、ボディソープが毛穴を防ぎ、ニキビができてしまいます。

丁寧に洗い流すことも大切ですが、濡れた体をしっかりと拭き取り、パジャマを湿らさないことも重要です。衣類を清潔に保つことで細菌の繁殖を防ぎましょう。

今すぐ読みたい

ピックアップ特集

参画医師5223名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 仮屋暢聡
  • 新垣実
  • 田尻豊和
  • 平部千恵
  • 水谷和則
  • 野中大樹
  • 田原一郎
  • 小川英朗

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.