1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

オイリー肌のための美容液の使い方

更新日:2016/12/09 公開日:2015/02/27

皮脂抑制効果や保湿効果のある美容液を

男性は、女性よりも皮脂の分泌量が多い傾向にあり、テカリやベタつき、毛穴の目立ちなどに悩む方も多いです。そんなオイリー肌の男性が美容液を使う際は、皮脂の分泌をコントロールする作用のあるビタミンC誘導体など、皮脂抑制に効果のある成分が配合された美容液を選ぶとよいでしょう。

また、オイリー肌には保湿も重要。乾燥して角質層の水分量が低下すると、肌のバリア機能が弱まります。すると、肌内部を保護しようと、皮脂が過剰に分泌されることがあるのです。よって、角質層の水分保持に役立つ、セラミドやアミノ酸といった保湿成分が配合された美容液もおすすめです。

使い方のポイント

オイリー肌に合った美容液を選んでも、正しく使用しないと効果は半減してしまいます。以下にまとめた使用法のポイントをチェックし、正しく使用しましょう。

正しいタイミングでつける

スキンケアは、基本的な順番をきちんと守ることで、はじめて満足のいく効果を得ることができます。スキンケアの順番は化粧水→美容液→乳液orクリーム。美容液は、必ず洗顔後の化粧水をつけた後につけましょう。乾いた肌に美容液を塗り込んでも、成分は肌に浸透しません。

ただし、メーカーによっては、推奨される順番が違うものもあります。美容液の効果をきちんと得るためにも、メーカーが推奨している使用法をきちんと実行してください。

押し込むようになじませる

美容液も化粧水同様、激しくパッティングしたり、ゴリゴリと塗り込むのはやめましょう。その刺激により、肌が硬くなったり、シワ・たるみなどの肌トラブルが起こりやすくなります。手のひらの上で温めた後、肌に押し込むように軽く圧をかけながらハンドプレスすると効果的です。

肌が荒れ過ぎている時は使わない

肌が荒れている時こそ美容液!というイメージがあるかもしれませんが、荒れ過ぎている場合は使用を控えた方が無難です。肌荒れによって角質層のバリアが機能していない状態では、美容液の効果は期待できず、逆に肌の負担になってしまうこともあります。

肌に必要な美容成分が詰まった美容液ですが、使い方を誤るとかえって肌悩みを深くしてしまうことも。使用上の注意をよく読み、正しく使用することを心がけましょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 尾崎 峰
  • 神三矢
  • 市川明子
  • 菅原奈津子
  • 後藤龍学
  • 保志名勝
  • 竹内直生
  • 正木健太郎

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.