1449名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

若ハゲを予防する正しいシャンプー方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/30

※“若ハゲ”という言葉は、若い頃から髪が薄くなっている状態を指す“若年性脱毛症”の別称とされていますが、実は、この“若年性脱毛症”という言葉も、ある種の脱毛症状を指す正式病名ではありません。ただし、どちらも広く認知されている言葉であるため、この記事ではあえて使用しています。

間違ったシャンプー方法が若ハゲを招く?

シャンプー

若ハゲを予防したいのであれば、シャンプーをおろそかにしてはいけません。特に若い方は、整髪料を使う機会が多かったり、頭皮が脂っぽくなりがちだったりで、髪や頭皮にダメージを受けがちです。若いうちから正しいシャンプーを行うことで若ハゲの防止にも繋がります。まずは、間違ったシャンプーの仕方について紹介します。普段の自分のシャンプーに当てはまっていないか確認してみましょう。

爪を立ててゴシゴシ洗う
髪の毛で泡立てるという人も多いかとは思いますが、それは大きな間違い。シャンプーを泡立てるのは手のひらの上。泡立てたシャンプーを髪に撫で付け、頭皮を指の腹で揉み込むことも頭皮を傷つけない洗い方といえるでしょう。
すすぎ残しがある
シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しは絶対にNGです。特にコンディショナーは少し残っていた方が髪によいと思い込んでいる人もいるようですが、頭皮に残ったコンディショナーは毛穴詰まりや炎症の原因になるもの。コンディショナーは洗い流すことで効果を発揮するものなので、しっかりと洗い流しましょう。
洗いすぎる
人間の頭皮には常在菌という菌が存在し、頭皮を守る役割を果たしています。常在菌は洗髪することで洗い流され、徐々に繁殖していくもの。つまり、夜シャンプーをしたら寝ている間に元の状態に戻るということです。この常在菌はフケや皮脂を餌として活動しているため、必要以上に洗い流すことで常在菌の数が激減し皮脂やフケが過剰に増えてしまうことに。皮脂やフケが過剰に増えると頭皮環境は悪化し、抜け毛や炎症を引き起こす原因になります。また、皮脂や汚れが毛穴に詰まると毛穴周辺で常在菌の異常繁殖が起こり、抜け毛を引き起こすという負のサイクルを生み出す可能性も。シャンプーは就寝前の1回。が良いと考えられます。
髪を乾かさずに寝る
髪を乾かさずに寝るとカビや雑菌が頭皮で繁殖することに…。炎症や抜け毛を引き起こす原因になりかねないので、髪はしっかりと乾かしてから就寝した方が良いと考えられます。

正しいシャンプー方法

頭皮の汚れは薄毛の大敵!正しいシャンプー方法で薄毛予防に励みましょう。

1ブラッシング
2ぬるま湯でながす
3泡立ててからシャンプー
4指の腹で揉むように洗う
5しっかりとすすぐ
6コンディショナーをつける
7しっかりとすすぐ

正しいシャンプーのポイントは頭皮環境を悪化させないように洗うということと、シャンプーやコンディショナーが残らないようにしっかりと洗い流すということです。また、毛髪や頭皮への刺激を抑えるため、アミノ酸系シャンプーなど育毛に特化したアイテムを使用することもおすすめです。

注目情報

参画医師1449名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 石井良典
  • 北村瑞
  • 斎藤浩一
  • 大野由実
  • 宮村卓
  • 堀井皓典
  • 田中伸明
  • 曽山浩輔

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.