美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

植毛と増毛の違いとそれぞれのメリット・デメリット

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/01

植毛

植毛とは?

「植毛」とは、頭皮に毛髪を植え込む施術法で、外科手術を行う医療行為に当たります。合成繊維で作られた人工毛を植え込む「人工毛植毛」と、自分の髪を移植する「自毛植毛」がありますが、ここでは自毛植毛についてのみ解説していきます。

「男性型脱毛症(AGA)」の原因は男性ホルモンの影響ですが、後頭部や側頭部の髪は、この男性ホルモンの影響を受けにくいため、薄毛になりにくいという性質があります。この性質を利用し、自毛植毛では、後頭部などの毛髪を頭皮ごと切り取り、細かく株分けしてから、髪が薄くなっている部分に移植することで増毛をはかります。

移植した髪が定着すれば、他の髪と同じように伸び、たとえ抜けてもまた生えてくるようになります。そのため、一度自毛植毛をすれば、その後のメンテナンスは必要ありません。また、自分の髪を使うので、仕上がりも自然になります。

ただし、メスを使う自毛植毛(FUT法)の場合は、頭皮に傷跡が残ってしまいます。また、自分の頭髪を使うため、一度に植毛できる量には限りがあり、何度も施術を受けなければならない場合もあります。さらに、移植された髪は、一旦抜け落ちてから生えてくるため、生え揃うまでには6か月〜9か月程度かかります。

増毛とは?

「増毛」とは、自分の髪の毛に人工毛を数本ずつ結びつけたり、特殊なシートを使って人工毛を地肌に張りつけたりすることで、髪のボリュームアップをはかる方法です。

自分の髪の中に特殊な糸で編みこみ用の土台を作り、そこへ人工毛を束で付けていく「編み込み式」や、生えている髪の毛の根元に人工毛を結びつけていく「結毛式」、人工毛を植毛した透明で極薄のシートを特殊な接着剤で頭皮に貼り付ける「全面接着式」などの方法があります。

増毛は、施術をすればすぐに髪のボリュームアップができるという即効性があります。その点はかつらも同じですが、かつらと違って増毛には耐久性があるため、装着したままシャンプーやスポーツも普通に行うことが可能です。また、植毛のようにメスを使うこともないため、頭皮に傷をつけることもありません。

ただし、増毛には月に1回程度のメンテナンスが必要です。また、自毛に人工毛を結びつける「結毛式」の場合は、自毛に大きな負担をかけてしまうため、髪が抜けやすくなるというデメリットもあります。さらに、「全面接着式」の場合は頭皮が密封されてしまうので、蒸れて雑菌が増え、炎症を起こすことがあります。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 貞政裕子
  • 谷川知子
  • 徳永真理
  • 日比野佐和子
  • 津田智幸
  • 保志名勝
  • 青山秀和
  • 安田洋

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.