美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

白癬菌が感染すると水虫になる

更新日:2016/12/09 公開日:2015/04/24

水虫の足

水虫は皮膚病

「水虫」は、カビの一種である「白癬菌(はくせんきん)」が足の皮膚に寄生することで生じる皮膚病。水虫は通称であって、正式名称は「足白癬(あしはくせん)」。白くブヨブヨになる「趾間型」と、強い痒みを伴う「小水疱型」、角質が厚く硬くなる「角質増殖型」があります。

男女ともに発症する疾患で、通気性の悪い革靴やブーツを履くと感染しやすい傾向にあります。

白癬菌とは

白癬菌とは、人間の髪や皮膚の角質などに含まれるタンパク質「ケラチン」を好物とするカビ。30種以上もの菌種があって、人間や犬などの動物、土に宿るものがあります。

白癬菌は高温多湿を好み、暖かい季節であるほど動きが活発です。白癬菌が炎症を起こす部位で呼び方が異なり、足に感染すれば「水虫」、股間周辺に生じると「いんきんたむし(こぶ白癬)」、頭部に発症すると「しらくも(頭部白癬)」と呼ばれます。

身体のいたるところに感染しますが、9割近くは足に発症。足に繁殖されやすい理由としては、靴を履くと足が蒸れやすいため、白癬菌にとって快適な高温多湿な環境になりやすいからです。

白癬菌の感染経路

白癬菌は感染力が高い菌であるため、人間同士直接触れなくても感染します。感染経路は、主に温泉やジムなどの公共施設。家族に水虫をもっている人がいれば、布団や絨毯などから感染します。

これは、水虫患者の皮膚や垢が床に剥がれ落ちても、垢などに白癬菌が生き続けているから。床に落ちている垢を踏んだりすることで白癬菌が感染します。

しかし、白癬菌は人間の身体に付着している常在菌であるため、菌が付着したからといって、すぐ水虫になるわけではありません。水虫が生じるときは、足の皮膚の角質層に菌が入り込む必要があります。

侵入には通常であれば1~2日かかるため、その間に足の蒸れや汚れを取り除けば水虫の発症を抑えることができます。ですので、毎日の入浴を心がけ、足を清潔な状態に保つことが大切です。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 神林由香
  • 石井良典
  • 田中伸明
  • 伊藤大助
  • 山田美奈
  • 髙岩真理
  • 鬼塚圭子
  • 小俣紗也香

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2022 SHARING BEAUTY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED