美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

歯磨きペーストでホワイトニング効果は期待できる?

更新日:2017/09/05 公開日:2017/09/05

歯の汚れ・着色には2つのケースがあります。表面が食べ物の色などで汚れて着色してしまうものと内部が着色してしまうものです。内部の着色は、歯の神経が死んでいるなどの原因が考えられるので、歯科医院での神経の治療が必要です。

表面の汚れの場合は、ホワイトニング用の歯磨きペーストで対処できるのか、また、ホワイトニング用の歯磨きペーストの効果や歯の汚れ予防について紹介します。

歯の表面についた汚れなら

歯の表面が汚れて着色する原因には、タバコのヤニ・ポリフェノールやカテキンを含む飲み物、色の濃い食べ物・加齢などがあります。歯の表面についた汚れを落とし、白い歯を手に入れるために歯のクリーニングが有効です。 実際に、歯を白くしたいと考えてインターネットなどを検索するとクリーニングやホワイトニングの情報が出てきます。

歯のクリーニングとは、歯の表面汚れ・着色などを除去して、歯本来の白さを再現する治療です。同時に歯と歯肉に付着するばい菌を除去することも可能です。 ホワイトニングとは、歯の内部の着色を、薬剤と光照射によって化学的に分解して除去していく施術です。 歯を白くして、歯の結晶を強くしていく効果もあります。 歯のクリーニングとホワイトニングは内容が異なりますので、違いを理解することが必要です。

ホワイトニング歯磨きペーストの効果について

ホワイトニング用の歯磨きペーストにはさまざまな種類があります。研磨剤を含むものや含まないもの、カルシウムを含むものなど、配合されている成分によって、どのように汚れに働きかけるのかは異なります。いずれの製品も、歯の着色汚れの除去には効果を発揮します。研磨剤を多く含んでいるペーストは、長く使っていると歯の表面に細かい傷がついて、着色しやすくなってしまうこともありますので注意が必要です。 ホワイトニング用の歯磨きペーストは、歯を白くしていく成分であるポリリン酸を含有したものが主流です。

ホワイトニング用歯磨き粉ペーストの前に行うこと

ホワイトニング用の歯磨きペーストを使うと着色汚れなどは除去しやすくなりますが、歯の汚れは、普段の歯のお手入れの仕方で防ぐことも可能です。喫煙すると必ずニコチン・タールによるヤニが着きますし、色の濃い食べ物を摂ることが多いと着色しやすくなります。また、歯をゴシゴシ磨き過ぎても、歯の表面に傷がついて着色しやすくなりますので、食習慣や歯磨き方法のチェックも重要です。

正しい歯磨きの方法

正しく歯磨きを行うためには、自分に合った歯ブラシや歯磨きペーストを見つけることが重要といわれています。歯ブラシのブラシ部分の大きさは、自分の中指の第一関節程度のものがよいと考えられています。市販の歯ブラシの大部分はナイロン製ですが、今は色々な機能を持つ機能毛の歯ブラシも発売されています。歯ブラシも進化していますので、チェックが必要です。 歯磨きペーストは、自分の歯の状態に合わせたものを選ぶのがよいといわれています。虫歯予防や口臭予防、歯周病予防など、さまざまなものがあるので、医師に相談してみるのをおすすめします。

歯磨きペーストのホワイトニング効果は期待が薄い

歯の表面の汚れが気になる場合は、着色除去用の歯磨きペーストを使用するのもひとつの選択肢ですが、歯が今よりも白くなるというわけではありません。正しい歯磨きを行って着色汚れが付きにくいようにすること、クリニックで定期的に専門的なクリーニングを受けることをお勧めいたします。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 奥田宗央
  • 曽山聖子
  • 吉岡敦子
  • 田中正一
  • 中山晴美
  • 稲葉岳也
  • 花輪純子
  • 馬野詠子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2021 SHARING BEAUTY CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED