1419名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

AGA(男性型脱毛症)は病院で治療できる?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/12

病院の治療でAGAは改善する?

AGAは病院で治療できるか?答えはYESともNOとも言えないのが現状です。それは、AGAの根本的な改善について、医学的に立証されたものが一つもないためです。

では、「発毛効果がある」とうたわれているクリニックがあるのはどういった理由からでしょうか?それは、AGAの進行を遅らせる事で軟毛化した毛を太くすることは可能であるので、それを指して「発毛」と呼んでいる可能性が高いためです。

それでは、毛を太く長くするようアプローチするクリニックでの主な薄毛治療とは、どのようなものでしょうか?

病院でのAGA治療法とは?

病院で行なわれている治療には、大きくわけて薬による治療と成分注入による治療の2つの種類があります。

薬による治療

薬での治療は、主に以下の薬が用いられます。

(1)プロペシア

プロペシアの主成分、フィナステリドがAGAを引き起こす5αリダクターゼの働きを抑制し、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害することで、AGAの進行を遅らせます。

(2)ミノキシジル

ミノキシジルは血管拡張作用のある外用薬です。毛乳頭細胞や毛母細胞に働きかけ、毛髪の成長を促進させる物質の分泌を促します。

成分注入による治療

成分注入による主な治療法には、主に以下のものがあげられます。

(1)育毛メソセラピー

プロペシアやミノキシジルなどを頭皮に直接注入する治療法で、これにより細胞レベルの活性化が期待できるとされています。

(2)HARG療法

幹細胞から抽出した髪の成長を促す成長因子と、ビタミンやアミノ酸などを頭皮に直接注入することで、髪の成長を促す治療法です。

これらの治療法はあくまで、AGAの進行を遅らせたり、髪の成長を促進させる可能性がある方法であり、薄毛を治す効果までは期待できないということを心にとめておきましょう。

確実な効果を得たいなら「植毛」がおすすめ

病院で行なわれている治療法は、あくまで“AGAの進行を遅らせる可能性”があると考えられているものです。治療によって毛髪が太く長くなることはあっても、失われた毛髪が再び生えるということは、ほとんど不可能とされています

薄くなった部分に自毛を生やしたい、ボリュームを少しでも取り戻したいと考えるのであれば、「植毛」がおすすめです。

植毛と聞くと大袈裟なイメージを持たれるかもしれませんが、植毛の技術も目まぐるしい進化を遂げ、現在では皮膚移植を必要としない方法も誕生しています。

薄毛を改善するという点では、植毛は確実な方法と言えるでしょう。

AGAの治療方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師1419名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 近藤悟
  • 奥田宗央
  • 二階堂暁
  • 大庭英信
  • 佐藤美
  • 向田公美子
  • 中居弘一
  • 樫山洋子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2018 Rich Media Co., LTD.