5232名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

男の敏感肌のためのスキンケア

更新日:2016/12/09

男の敏感肌は、スキンケアを変えるだけで改善する

敏感肌とは、肌のバリア機能の働きが低下して、肌が乾燥し、軽微な刺激で炎症がおこりやすくなっている状態です。

男性の場合、保湿ケア不足などの誤ったスキンケア、毎日の髭剃りによるカミソリのダメージ、そして不規則な生活習慣などが原因として挙げられます

毎日のスキンケアや生活習慣などを変えるだけで、敏感肌が改善されることがありますので、これを機会に見直してみましょう。

洗顔方法をチェック

「洗顔を十分に泡立てないで顔を洗う」「力強くゴシゴシと顔を洗ってしまう」「40度近くの熱いお湯で顔を洗うのが好き」など、これらに当てはまる方は、日頃の洗顔方法を改善する必要があります。

正しい洗顔方法とは、人肌くらいの水温で肌をやさしく洗うということ。できだけ肌に刺激を与えないためにも、洗顔時は手と顔が触れないように泡で洗うことが重要です。そして、泡のすすぎ残しは、さらなる肌トラブルを招くので、すすぎは丁寧に行ってください。

保湿ケア用品をチェック

保湿ケアの基本は、化粧水で肌に充分な潤いを与えたあと、乳液などの油分で水分を逃さないように蓋をすること。そこで、化粧品選びが重要になってきます。

着目するポイントとしては、(1)「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの保湿成分が配合されていること、(2)かゆみや肌の赤みを抑える「グリチルリチン酸2k」や「グリチルリチン酸ジカリウム」などの抗炎症成分が入っていること、(3)肌に刺激の少ないタイプであること、(4)防腐剤フリーやノンアルコールであることです。

生活習慣をチェック

生活習慣を健やかに整えるだけでバリア機能の働きが整い、敏感肌が改善されることがあります。栄養バランスの取れている食事を行う、質の良い睡眠を確保する、お酒やたばこの頻度を減らす、ストレスを感じることは極力避ける、といった規則正しい生活習慣を身につけ、身体バランスを整えましょう。

敏感肌からいち早く脱出するためには、皮膚表面のケアのみならず、体の内側のケアも欠かさないことが重要です。ケアを見なおしても、肌の乾燥や赤みなどが気になる場合は皮膚科専門医を受診し、適切な治療やアドバイスを受けましょう。

ピックアップ特集

参画医師5232名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 三苫葉子
  • 高橋徹
  • 宮地百子
  • 梶原朋恵
  • 半田俊哉
  • 澤井循暉
  • 角田美英
  • 行徳博英

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.