美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

遺伝や加齢による白髪を予防することはできるの?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/25

ストレス

まずは白髪の原因を知ろう

白髪には遺伝・加齢・生活環境・ストレスなど、様々な原因が考えられています。このうち遺伝や加齢などは、予防しようのない原因です。しかし、生活環境やストレスは改善することができます。

ここでは生活環境改善とストレスの軽減に軸を置き、白髪の予防方法について解説していきます。

適度な運動を心掛ける

適度な運動はストレス解消になるほか、成長ホルモンが分泌され若さを保つ効果が得られます。白髪の発生時期は遺伝で決定されていると言われており、運動で若さを保つことができれば白髪の発生を遅らせられるのではないかと考えられます。

また成長ホルモンは深夜2時前後に最も活発に分泌され、この時間に深い睡眠についていると、成長ホルモンの恩恵をより受けることができます。深い睡眠に入るまで2~3時間掛かるので、深夜2時前後に深い睡眠に入っておくためには夜中の12時までには就寝しましょう。

白髪予防のための食生活を送ろう

食生活の改善も、白髪予防には効果があると考えられています。バランスの良い食事を心掛けることはもちろん、白髪予防のための栄養素を多く摂取したいものです。

白髪予防に効果があると言われているのはビタミンE、亜鉛・銅などのミネラルがあります。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持っており、細胞の老化を防いでくれます。細胞の老化を防ぎ若々しい身体を保つことで、白髪予防が期待できるというわけです。ビタミンEはオリーブオイルやアーモンド・大豆・イワシやサバ、サーモンなどの魚に多く含まれています。

亜鉛・銅などのミネラルも、白髪予防に効果のある栄養素として挙げられます。特に銅はメラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの補酵素として働くため、不足すると髪や皮膚の脱色が起こってしまいます。銅が多く含まれる食べ物としてはゴマ・えび・いか・牛レバーなどがあります。

白髪があることによるストレスをなくす

ストレスの原因は人それぞれですが、白髪があることもストレスとなり得ます。白髪があることが気になってしまい、心の負担となってしまうのです。

白髪染めを使い、白髪を気にせず堂々と生活できるようになるだけでも、かなりのストレス軽減効果が期待できます。結果、それ以上の白髪の進行を防ぐことができる可能性が高まります。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 渡邊裕之
  • 植村元貴
  • 谷口由紀
  • 加藤聖子
  • 清水三嘉
  • 野田武志
  • 池上彩子
  • 武田りわ

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.