美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

男性が脂性肌になりやすい原因とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/01

原因

男性はもともと脂性肌になりやすい

男性が抱えている肌の悩みの中で、年齢を問わず最も多いと言われているのが「肌の脂っぽさ」です。でも、どうして男性の肌はすぐにベタついてしまうのでしょう? 実はそれには、きちんと理由があるのです。

そもそも男性は、女性に比べて皮脂の分泌量が多い傾向があります。その理由は、ホルモンの影響。男性ホルモンには皮脂の分泌を活発にする働きがあるので、男性はもともと脂性肌になりやすいのです。

皮脂の落とし過ぎは脂性肌の原因に

もう1つの原因は、皮脂を落とし過ぎてしまうことです。肌のベタつきが気になる時に、皆さんはどのようにケアをしていますか?

日中に洗顔シートやおしぼりを使って、一生懸命顔を拭いているのではないでしょうか。また顔を洗う時も、指に力を込めてゴシゴシと強く洗っている人が多そうですね。でも肌を強く摩擦すると、汚れだけでなく「角質層」もはがれ落ちてしまいます。

角質層とは、肌の一番表面にある0.02mmほどの非常に薄い膜のこと。この角質層は体内の水分が蒸発するのを防ぐと共に、雑菌やウィルスが外から侵入しないようにするバリア機能を果たしています。このため角質層がはがれると、それを補おうとして肌は皮脂の分泌を活発にするので、かえってベタつきやすくなります。

また脂性肌の人はスクラブやメントール成分の入った洗顔料を好みがちですが、こういった洗顔料は洗浄力や刺激が強過ぎるので、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。このため洗った直後はサッパリしていても、乾燥を防ごうとしてすぐに肌がベタついてしまいやすいのです。

きちんと保湿をしていますか?

男性は女性に比べて美容への関心が低いので、スキンケアの知識があまりありません。そのため過剰な洗顔で皮脂を落とし過ぎてしまっても、その後の保湿ケアは怠ってしまいがちです。

特に脂性肌の男性は肌のベタつきを嫌うため、つけたとしても化粧水止まり。それどころか、洗顔後に何もつけないという人も多いのではないでしょうか?しかし保湿ケアをきちんとしないと、肌は乾燥してしまいます。すると、さらに皮脂の分泌が活発になるという悪循環に陥ってしまうのです。

さらに男性は日に焼けることに抵抗がないので、UVケアも怠りがちです。紫外線の強い刺激も肌のバリアにダメージを与えるため、それを修復するために皮脂の分泌が活発になります。その他にも睡眠不足や不規則な生活、ストレスなどの生活習慣の乱れ、脂っこいものの食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎ、喫煙なども脂性肌の原因になります。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • スキンケア大学参画ドクター
  • 出口正巳
  • 保志名勝
  • 中﨑恵美
  • 濱田英之輔
  • 鈴木徹
  • 齋藤綾一朗
  • 松本歩

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2019 Rich Media Co., LTD.