1441名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

育毛に必要なタンパク質を摂るための食べ物

更新日:2016/12/09 公開日:2014/04/25

育毛に良い食事

育毛にはタンパク質が欠かせない

 髪の毛に良い食べ物と聞くと、昆布やのり、ひじきなどの海藻を思い浮かべる人が多いかもしれません。でもそれ以上に大切なのが、髪の毛の主成分であるアミノ酸を含む「タンパク質」です。

髪の毛の90%は「ケラチン」というタンパク質でできています。ケラチンは十数種類のアミノ酸から構成されていますが、これらのアミノ酸の中には、人の身体の中では生成できない「必須アミノ酸」も含まれています。

そのため健康な髪を育てるためには、必須アミノ酸を食事から摂取することが欠かせません。

必須アミノ酸は大豆や大豆製品、魚介類(かつお節、シラス、すじこ、マグロの赤身)、肉類(鶏むね肉など、低脂肪の赤身が望ましい)、乳製品(牛乳、チーズ)などに多く含まれています。

さまざまなビタミン類も大切

私たちが食事で摂ったタンパク質は、一旦アミノ酸に分解された後、身体の中で利用できる形に再合成されます。この一連の働きを支えているのが「ビタミンB6」です。ビタミンB6を多く含むのは、マグロ、サンマ、サケ、サバ、イワシなどの魚類です。

また細胞の再生に関わっている「ビタミンB2」には、髪の毛の成長を促す働きがあります。ビタミンB2はレバーやウナギ、サバ、カレイ、牛乳、納豆などに豊富です。

髪の毛を健康的に育てるためには、頭皮の血行を良くして、髪の毛に栄養がきちんと届くようにすることも大切です。毛細血管の血行を促進する「ビタミンE」も摂るようにしましょう。ビタミンEはナッツ類やイワシ、サバ、ウナギなどに多く含まれています。

ケラチンの合成に必要な亜鉛

髪の主成分であるケラチンは、「亜鉛」がないと合成することができないため、育毛のためには亜鉛を積極的に摂ることが不可欠です。亜鉛は牡蠣やイワシ、アサリ、大豆製品などに豊富です。

また、亜鉛はビタミンCやクエン酸と一緒に摂ることで、吸収率が上がります。ビタミンCはレモンなどの柑橘類に、クエン酸は柑橘類やお酢や梅干に豊富に含まれているので、レモン汁をかけたり、お酢で味付けしたり、梅干しを加えたりすると良いでしょう。

育毛方法の記事一覧

全ての記事一覧へ>

注目情報

参画医師1441名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 北川光一
  • 西岡弘記
  • 吉田孝二
  • 南條昭雄
  • 辻直樹
  • 鴫原康
  • 金丸博之
  • 寺井美佐栄

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.