1424名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

足の爪からも臭いは出ている

更新日:2016/12/09 公開日:2014/07/18

爪に詰まった垢が臭う

毎日お風呂で足をきれいに洗っているのに、足の臭いが取れない…。そんな人は、足の爪が臭いの原因かもしれません。

「足の爪が臭う」では、爪自体が臭うような言い方になり、ちょっと納得がいかないかもしれません。正確には、足の爪に詰まった「垢」が臭うのです。

爪に溜まる垢は、足の臭いの元となる雑菌の大好きな、古い皮脂や角質・汚れのカタマリです。その爪垢を放置しているとどんどん細菌が繁殖し、非常に強い異臭を放つようになってしまうのです。

奥深くに詰まった爪の垢は、お風呂でこすったくらいでは落ちません。爪が臭うのを防ぐためには、「爪の垢は臭う」ということを意識した対策が必要になります。

こまめに爪を切ることが基本

まず基本の対策としては、「こまめに爪を切ること」が挙げられます。爪を長いまま放置していると、当然爪垢は詰まりやすくなります。手の爪は長いと仕事に支障をきたす場合もあり、こまめに切っている人がほとんどでしょうが、足の爪はあまり手入れしていない、という人が多いのではないでしょうか。

ただし、切り過ぎには注意です。切りすぎて深爪になってしまうと、爪垢は溜まりにくくなりますが、歩く際に足の指の肉が爪に食い込み痛んでしまったり、陥入爪や巻き爪を起こしてしまったりします。

爪を切る長さは、爪の先の白い部分(フリーエッジと言います)が1mmほど残る程度が正解です。爪の先は指の形に合わせ、まず全体を横にまっすぐ切り、その後サイドを少しだけ斜めにカットします(この切り方をスクエアカットと言います)。

サイドを深く切り過ぎると、伸びた時に巻き爪になってしまいます。フリーエッジが残るように切ることを心がけてください。

垢を取る専用の道具もある

正しく爪を切っていても、垢はある程度は溜まってしまいます。中には爪楊枝で取ってしまっている人もいるかもしれません。それでも垢は取れるでしょうが、爪楊枝は先端が尖っていますのであまり安全とは言えません

一番よいのは、足の爪垢を取る専用の道具を使用することです。大きなドラッグストアや通販で買い求めることができます。先端が小さなスプーン状になった道具で、安全に爪の垢を取れるように設計されています。また、一気に垢が取れますので、爽快です。

家庭にあるもので何とかしたい場合は、「歯ブラシ」を使うのがオススメです。お風呂に入った時に、足の爪の間を垢をかき出すようにブラッシングします。専用の道具を使った時のように一気に垢を取ることはできませんので、毎日こまめに続けるとよいでしょう。

参画医師1424名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 須田陽一
  • 山川美佐
  • 田中宝
  • 樫山洋子
  • 吉原伯 
  • 小柳衣吏子
  • 後藤龍学
  • 佐藤薫

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.