1447名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

オススメの熱中症対策グッズとは

更新日:2017/06/07 公開日:2014/08/12

熱中症対策グッズでより効率的な対策を

昔から熱中症の被害は多かったようですが、かつては「気合が足りないから倒れるんだ」とったような精神論が広く通用していたというのもあり、熱中症の対策に対する人々の関心も非常に薄いものでした。

しかし、熱中症に対する正しい認識が広まった現在では、対策をしっかりしようと、熱中症専用の対策グッズも広く販売されるようになりました。もちろん、専用のグッズを使わなくても熱中症対策はできますが、グッズを使えば、より効率的な対策を講じることができます。

今回は、様々ある熱中症対策グッズの中から、メジャーなものをいくつかご紹介します。

熱中症予防に、塩熱飴

暑くて汗をかくと、水分とともに塩分もたくさん外に出て行ってしまいます。人間の体は、塩分が不足すると、体の塩分濃度を保つため水分を排出しようとします。そのため、体の塩分が不足したままだと、水分補給をしても吸収されることなく外に出て行ってしまい、熱中症に罹る危険性が高くなってしまうのです。

この塩分不足を補うために考えられたのが、「塩熱飴(えんねつあめ)」などの名前で販売されている塩分を含んだ飴です。熱中症対策のために開発されていますので、塩分に加えて、疲労回復効果のあるクエン酸などを配合した商品もあります。味もレモンなどのフルーツ味やシュワシュワのサイダー味など様々なフレーバーがあり、楽しみながら熱中症対策ができます。

体を冷やす、身につける保冷剤

現場作業員など、どうしても屋外で仕事をする必要があったり、室内でもエアコンのついていない部屋にいなければならない場合もあるでしょう。濡れタオルを身につけるのもいいですが、水が滴りますので室内では使用できないことも多いと思います。

そんな時には、身につけるタイプの保冷剤がオススメです。胸部や背中を冷やせるサポータータイプのものや、上半身全体を冷却できるベストタイプ、現場作業にピッタリのヘルメットタイプも販売されています。いずれの商品も、保冷剤が取り外しでき、装着前に冷蔵庫で冷やして使用するものが多いです。

ベストやサポータータイプのものは、作業着やスーツの下に着ておけば、3〜4時間冷却効果が持続するとのことなので、特に昼間の暑い時間帯に使用すると効果的でしょう。

熱中症の危険度を測る熱中症チェッカー

暑い場所にいると熱中症になりやすい、というのは周知の事実ですが、自分の感覚だけでは熱中症の危険度を測るには不十分です。実際の気温と湿度を測定し、熱中症危険度が高いとブザーやLEDライトで知らせてくれる熱中症チェッカーを持ち歩くことをオススメします。

特に、子どもやお年寄りは体温調節機能が低いため、熱中症に罹りやすく、熱中症の危険度の判断もできないことが考えられます。子どもやお年寄りを外出させる時には、熱中症チェッカーと水筒を持たせ、ブザーが鳴ったら木陰に入って水分補給をするように伝えるとよいでしょう。

注目情報

参画医師1447名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 多田智裕
  • 高橋淳
  • 滝田賢一
  • 真崎信行
  • 竹中ちひろ
  • 松本歩
  • 高野邦雄
  • 平田麻梨子

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.