1525名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

シミ対策に押さえておきたいメラニンの働き

更新日:2016/12/09 公開日:2016/05/20

シミの原因として知られているメラニンですが、どのようなものなのでしょうか。

メラニンとは

皮膚は表皮・真皮・皮下組織の順に構成されており、厚さわずか0.1~0.4ミリの表皮はさらに、4層で構成されています。表皮は表皮細胞(ケラチノサイト)、色素細胞(メラノサイト)などの細胞によってつくられ、中でも一番下の層である基底層にはメラノサイトが存在し、メラニンを産生しています。

日光にあたると日焼けしますが、日焼けによって生じる肌の黒さは、主にメラニンによるものです。

メラニンは本来、紫外線によってDNAが損傷するのを防ぐ働きを持っています。色素成分であるメラニンが紫外線を吸収することで肌へのダメージを食い止めています。メラニンは本来、悪者ではありませんが、過剰となってしまった場合に、シミとしてあらわれてしまいます。

詳しくは『シミができるメカニズムとは?』をご覧ください。

ターンオーバーとメラニンの関係

肌の細胞は新陳代謝を行っており、常に分裂を繰り返しています。不要になった細胞はやがて核を失い角化して、「あか」としてはがれ落ち、役割を終えます。これをターンオーバーといい、メラニン排出の役割も担っています。ターンオーバーは約1か月のサイクルで行われます。

メラノサイトから産生されたメラニンは、表皮細胞であるケラチノサイトに送られ、それがターンオーバーによってはがれ落ちることで、不要となってしまったメラニンを排出しています。

これは日焼けが薄くなり、消えてしまうのと同じ原理です。シミ予防を行うにはこのターンオーバーの機能を正常に保ち、スキンケアを行うことがカギとなります。ターンオーバーのサイクルは年齢を重ねるとごとに衰えるため、注意が必要です。

シミは、紫外線を浴びることによって産生されるメラニンの量が、ターンオーバーによって排出されるメラニンの量を超えることが原因となっています。

メラニンの排出を促すためのケア方法

ターンオーバーの機能を正常化し、メラニン排出を促すには、食生活や、生活習慣を意識することが大切です。ターンオーバーには皮膚の細胞が増殖することが必要ですので、バランスのよい食事を摂取する必要があります。不足しがちなビタミンやミネラルを意識するとよいでしょう。

肌はその人の栄養状態や健康状態を反映するため、しっかりとした睡眠、バランスのよい食事、適度な運動などが肌の健康へつながり、ターンオーバーを正常化します。

食事に関しては、『シミ予防に繋がる食べ物』をご覧ください。

注目情報

参画医師1525名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 片山聖子
  • 西山 由美
  • 飯田秀之
  • 平野敦之
  • 梅田和徳
  • 金丸博之
  • 西山由美
  • 田村明美

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.