1519名の医師が参画する男性向けスキンケア情報サイト

背中にできるシミとは

更新日:2017/04/13 公開日:2016/08/16

背中にできたシミは、自分ではなかなか気づきにくいうえ、ケアもしにくいものです。「老けた印象を与えるのでは…」と悩み、海や温泉などが楽しめない方も多いのではないでしょうか。背中にシミができる原因と、シミの治療方法についてみていきましょう。

なぜ背中にシミができるのか?

背中にシミができる原因には、紫外線やニキビ跡などが影響していると考えられます。

紫外線による老人性色素斑やソバカス

強い紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴びたりする生活を続けていると、メラニン色素を作り出すメラノサイトがダメージを受け、メラニンの過剰生産を招きます。これが原因となって、老人性色素斑(日光性色素斑)やソバカス(雀卵斑)ができます。

ニキビ跡による色素沈着

ニキビなど皮膚の炎症が起きた後、肌の赤みが茶色いシミになることがあります。これは、炎症後色素沈着と呼ばれるものです。紫外線を浴びるとメラニン色素が作りだされ、ニキビ跡が消えにくくなりますので、UVケアは入念に行うようにしましょう。

これ以外にも、背中や二の腕などにぶつぶつができる毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)をこすりすぎることで、色素沈着を起こすケースもあります。

背中のシミを根本から除去したい!

紫外線予防やニキビケアなど、セルフケアでの対処もある程度は有効です。しかし、背中は手の届きにくい部位。根本から除去するのであれば、病院での治療がおすすめです。シミの治療は、その種類や性質、濃さなどを見極めたうえで、治療方法を選択することが重要です。レーザーや光による治療器の選択が不適切だと、効果が出ないどころか逆に悪化する恐れもあります。実績のある医師と十分に相談し、治療を検討しましょう。代表的なレーザー、光、ピーリングの各治療法についての概要は、『シミはどうやって治療するのか』をご覧ください。

しっかり治療してシミを根本部分から除去しましょう

シミの種類にあった治療を受けたら、アフターケアにも十分に気を配りましょう。いかに丁寧に行うかによって、治療効果や仕上がりの具合に差が出る、といっても過言ではありません。アフターケアの方法は、選択した治療によって異なります。治療を受けた病院からの指示に従い、根本からしっかりとシミを除去しましょう。

注目情報

参画医師1519名

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 下瀬川雅子
  • 松下博明
  • 吉田靖志
  • 田中牧恵
  • 西村雄
  • 木塚雄一郎
  • 梶山典彦
  • 小林弘幸

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2017 Rich Media Co., LTD.