美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

シリコンはNG?ノンシリコンシャンプーの魅力とは

更新日:2017/05/31 公開日:2014/02/27

シリコンって?

ノンシリコンシャンプー

「シリコン」とは、簡単に言うと「油」のことです。シャンプーの成分表を見て「ジメチコン」「シクロメチコン」などの表記があれば、それがシリコンです。シリコンは髪の表面に皮膜を作り、手触りがよいツヤのある髪にします。

しかし、シリコンは髪の毛に浸透することはなく、あくまで表面を覆うものです。シリコン入りのシャンプーを使っていると手触り、ツヤが出るため、髪の毛がスカスカになっていたとしても気づかなくなってしまいます。髪のダメージが気になる方は「ノンシリコンシャンプー」を使うようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーの選び方

「ノンシリコン」の表記があれば全てが安心、というわけではありません。ノンシリコンシャンプーの中には洗浄力の強い「界面活性剤」が使われている場合もあり、注意が必要です。

「界面活性剤」とは、シャンプーの洗浄成分のことです。ノンシリコンシャンプーに石油由来で洗浄力の強い「ラウリル硫酸Na」や「スルホン酸Na」などの界面活性剤が使用されていると、シリコン入りと違って頭皮や髪を守るものがありませんので、悪影響が懸念されます。

では、どのような洗浄成分のものを選べばいいのでしょうか。シャンプーに使用される界面活性剤の中でも、頭皮や髪に影響の少ない適度な洗浄力のものを使用しているシャンプーがオススメです。

例えば、シンプルな天然の界面活性剤である「石鹸」。石鹸は、肌の弱い方が顔や体を洗うのに使っているという話を聞いたことがある方もいるでしょう。詳しくは「石鹸シャンプーとは」のページをご覧ください。

また、アミノ酸系の界面活性剤を使用しているシャンプーもオススメです。こちらも低刺激で洗浄成分も優しいので、ノンシリコンでも安心して使うことができると言えるでしょう。こちらも「アミノ酸シャンプーとは」のページで詳しく説明しています。

値段が高くても洗浄力の強い界面活性剤が使用されている場合もあります。しっかり成分表を見て頭皮と髪にやさしいノンシリコンシャンプーを選びましょう。

シャンプーの上手な選び方の記事一覧

全ての記事一覧へ>

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 中島由美
  • 尾崎 峰
  • 林博之
  • 中山晴美
  • 田中伸明
  • 大利昌久
  • 細川博司
  • 保志名勝

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.