美容・健康の悩みを少しでも解消し、前向きな毎日を提供する

体臭が原因で考えられる病気(4)腎臓疾患

更新日:2016/12/09 公開日:2014/05/30

腎臓と体臭の関係性

腎臓は、心臓から送り込まれてきた大量の血液をろ過して、毒素や老廃物を尿として体の外に排泄する働きをしています。このため、腎臓の機能が低下して尿が出にくくなると、毒素や老廃物が排泄されなくなり、体の中に溜まってしまいます。

すると、血液中の毒素の濃度も高くなり、その一部が汗と共に分泌されるため、体臭がおしっこのような臭いになってしまうのです。

このように、腎臓は体臭に関係していますが、体臭に影響が出るようになるのは、腎不全や尿毒症など、かなり症状が進行してからだとも言われています。体臭がおしっこ臭いと感じたら、すぐに病院で診察をしてもらいましょう。

腎臓病のサインは尿に現れる

腎臓の病気は、自覚症状が現れにくいという特徴があります。そのため、気づいたときには人工透析を必要とするなど、かなり深刻な状況に陥っていることも少なくありません。

腎臓病を予防するためには、日頃から腎臓の不調を知らせるサインを見逃さないようにすることがとても大切になります。

腎臓のサインでもっともわかりやすいのが、尿に現れる変化です。腎臓に異常があると「尿の色が濁る」「赤みを帯びた尿が出る」「尿の泡立ちが目立つ(泡立ちが消えにくい)」と言った見た目の変化や、「トイレが近くなる」「トイレの回数が極端に減る」と言った回数の変化が現れるようになります。

こういったサインに気づけるように、ふだんから自分の尿の様子を見たり、回数を意識したりするようにしましょう。

体のむくみにも注意

体のむくみも、腎臓機能の低下を示すサインになります。「まぶたがはれぼったくなる」「指輪が入りにくくなる」「靴下のゴムの跡がなかなか消えない」「靴がきつく感じるようになる」などの症状があったら、むくみが起きている可能性があります。

その他に「血圧が急に高くなる」「糖尿病の可能性がある(血糖値が高くなる)」と言った場合も腎臓病の可能性が考えられます。これらの症状が現れたときは、すぐに医師に相談するようにしましょう。

腎臓病に早く気づくためには、定期的に健康診断を受けることも大切です。尿検査や血液検査で腎臓病の有無を調べることができますから、健康診断のときは、これらの検査もきちんと受けるようにしましょう。

参画医師

Registered doctors

お肌のことを知りつくし、医学的な観点から正しいスキンケアをレクチャーしてくれる医師をご紹介します。

  • 篠原三秀
  • 倉富英治
  • 徳永真理
  • 松本歩
  • 林理華
  • 藤井佳苗
  • 澤田彰史
  • 大庭英信

参画医師一覧

男性のどんな臭いが気になりますか?

セルフチェック

Produced by

スキンケア大学

© 2014 - 2020 Rich Media Co., LTD.